そっちがその気なら!娘の困った態度に開き直って接した結果…【ママならぬ日々126話】

カテゴリー│マンガ  体験談  マンガ  和田フミ江 
2021/02/22 22:40
28

離乳食……順調でしたか?

私は基本的に「クソ真面目」なので、育児書に書いてあることをそれはそれは忠実に実行していました。しかし、思ったようには進まず……

 

和田さん126話

 

私の場合真面目にやっていたぶん、「こんなに時間をかけて作ったのに、なぜ食べてくれないの!?」という気持ちが強かったんだと思います。娘が離乳食をよく食べたかどうかで一喜一憂するようになってしまいました。私が何時間コトコト煮込んだかなんて、娘には関係ないというのに……。

 

「何を食べたか」「どのくらい食べたか」ではなく、「食事を楽しむ」ようにしたい。

そう思ってからは、娘が好きなメニューばかりをぐるんぐるんヘビロテしてました。偏食になるんじゃないか、と心のどこかで心配していましたが、少しずついろいろなものが食べられるようになっていったので、結果オーライだったと思います。

 

監修/助産師REIKO

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)