暮らし 工夫 お金 家計管理 節約

月に2〜3万円の削減も!自動車関連の費用がグッと減るカーシェアとは

1
ファイナンシャルプランナーの大野先生が、カーシェアの利用について教えてくれました。固定費削減の1つとして、カーシェアのメリットとデメリットを詳しく解説。

カーシェアのイメージ

 

固定費の削減は通信費や光熱費、保険料等以外に自動車関連費用も候補の1つになります。自動車関連費用の削減の候補の一つとして、カーシェアリング(以後、カーシェア)が挙げられます。

 

自動車がないと生活ができない場所にお住まいの方や車が趣味の人などには難しい選択肢ですが、週末の買い物・レジャーや旅行・帰省にしか使わないなどの使用頻度が少ない場合であれば、カーシェアによって固定費を削減できる場合も少なくありません。今回はカーシェアの概要とメリット・デメリットについてお伝えします。
 

続きを読む

カーシェアとはどのようなもの?

カーシェアとは、各カーシェア会社に登録した会員が自動車を共同で利用するサービスです。レンタカーと比べて短い時間の利用が可能で、最低利用時間の単位が10分か15分であることが多いです。また、無人で管理されていることがほとんどのため、レンタカーのように営業時間外で利用・返却ができないということがほとんどありません。多くの場合、インターネットで予約を行い、ICカードやスマートフォンでドアの開閉を行います。

 

利用料金は、各カーシェア会社によって異なりますが、以下の基準で決まるところが多いです。なお、ガソリン代や最低限の自動車保険は利用料金に含まれていることがほとんどです。
 

カード発行手数料

初回登録時にカード発行手数料が掛かります。1000〜2000円程度であることが多いです。費用の掛からない会社やキャンペーンで手数料のかからないケースがあります。
 

月額基本料金

月額1000〜2000円であることが多いです。費用がかからないケースや基本料金は高いものの利用料金が安くなるプランを用意している会社もあります。
 

時間料金

時間単位で発生する利用料金です。車種やプランによって料金が異なります。最大手の会社では、標準タイプの車種で15分220円となっています。また、長時間になると〇時間パック料金といた割引料金が適用されるケースもあります。

 

距離料金

時間料金とは別にガソリンの使用状況に応じた料金を設定してます。1kmあたり15〜20円であることが多いのですが、距離料金の無いプランやパックプランのみ適用される会社もあります。

 

なお、利用者が状況に応じて洗車や給油を行う必要があります。洗車や給油は無人管理に必要な作業であるため、作業時間に相当する利用時間は割引になるケースがほとんどです。また、3・4歳から使えるジュニアシートは大手3社については全車搭載しているようですが、さらに小さいお子さん用のチャイルドシートは一部のステーション・車種での設置に限られているようです。
 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。