【助産師】湯船につからなくていいって本当?負担が激減!赤ちゃんのお風呂術

助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、赤ちゃんのシャワー浴についてお話ししてくれました。暑い今からの季節には特におすすめなその方法を詳しく解説!

この記事の監修者

助産師榎本美紀
国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー

2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業しました。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援しています。訪問時の相談は、母乳だけではなく離乳食や抱っこひも、スキンケア、寝かしつけなど多岐にわたることも。また、おむつなし育児アドバイザーとして、トイレトレーニングなどの相談も受けています。自身も一児の母として奮闘中です。

シャワーする赤ちゃんのイラスト

 

赤ちゃんのお風呂入れは、慣れないうちは大変かと思います。夏は汗をたくさんかくので、サッと入れるシャワー浴にしてみるのはいかがでしょうか? 今回はメリットや具体的な方法をお伝えします。
 

続きを読む

シャワー浴のメリット

シャワー浴のメリットはたくさんあります。
 

1.お湯の準備や片付けも少なく手軽にできる
2.マットに寝かせる方法の場合、両手を使って洗いやすい
3.1日に一回でなくても、汗をたくさんかいた時など気軽に入れられる
4.スペースによってはシャワー付きの洗面台でもできる
5.デリケートな赤ちゃんの肌は、湯船につかると汚れだけでなく皮脂が取れすぎてしまうこともあり、乾燥などの肌トラブルの予防になります。

 

準備するものと注意点

【準備するもの】
赤ちゃんを寝かせる場所に敷くもの
お風呂マットがおすすめですが、レジャーシート、ビニール袋などで代用もできます。シャワーチェアなどを利用してもいいでしょう。
洗面台の上でやるときは、転落防止のためにそばを離れないようにします。寝返りなどできる赤ちゃんの場合は、床にマットなどを敷いてやるようにしましょう。


泡タイプのボディソープ
洗いやすく、赤ちゃんを洗っている時間も短縮になり便利です。

 

▼注意点
・シャワーはじめはお湯が熱いことがあるので、腕のあたりや手の甲に一回当てて温度を確かめるようにしましょう。(手のひらは熱さを感じにくいことがあります)
・シャワーの水圧が強くならないように調整します。

 

シャワー浴のやり方

【1】水圧を調整して、腕や手の甲にあてて温度が熱くないかチェックします。
【2】全体にシャワーをかけて濡らした後に、手に泡をつけて顔・頭から足にかけて(上から下の方向で)洗います。
【3】背中を洗う時は少し体を横に向かせたり、首の後ろに手を入れて上半身を少し持ち上げて背中に少し手を入れるスペースを作り、洗ってください。
【4】最後に陰部やお尻を洗う
【5】洗い終わったら、もう一度お湯の温度を確認してからシャワーで泡を流します。

 

※お座りができる子は座らせて洗うとやりやすいです。お座りをさせている時や寝返りをして動く子は危ないので洗面台など高さがある場所は避けたほうが良いでしょう。

 


沐浴や入浴は、毎日となると負担が多いものかと思います。汗をかきやすい季節は、気軽にできるシャワー浴もぜひ試してみてくださいね。
 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      いずれ自分だけで入るようになるとシャワーだけになる運命なんだから拘らなくて良くね?
      手間のかけ甲斐ないから
      +8 -35
    • 通報
      10ヶ月の娘いますが、私も最近シャワー浴始めました! 毎日凄い汗で頭がびっしょりなので、、、 また、娘のお尻に水イボが出来てしまい、湯船の中で抱えて入ると自分にも移るリスクがあるので、完治するか夏が終… もっと見る
      10ヶ月の娘いますが、私も最近シャワー浴始めました!
      毎日凄い汗で頭がびっしょりなので、、、
      また、娘のお尻に水イボが出来てしまい、湯船の中で抱えて入ると自分にも移るリスクがあるので、完治するか夏が終わるまで続けようと思います!
      +32 -7

  • 関連記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP