3つの作戦で乗り越えた!息子の絶賛イヤイヤ期

親も子も、体力と気力のどちらも消耗するイヤイヤ期。本当はうれしい成長段階の1つのはずですが、毎日続くとイライラしたり途方に暮れてしまったりすることもしばしば。できればイヤイヤ期も笑顔で穏やかに過ごしたいと思い、日々試行錯誤。その結果、2歳半ごろの長男のイヤイヤ期を乗り切ることができた3つの作戦をご紹介します。

sakura01_01

sakura01_02

 

どっちにする? 僕が選ぶとうれしいね作戦

「靴下を履いて出かけよう」と誘っても、長男は「お出かけイヤ。靴下イヤ」とイヤイヤ全開。しかし、「靴下選んで! どっちにする?」と選択肢を2つ与え、好きなほうを選んでもらうようにすると「こっちがいい!」と選んでくれてお出かけもスムーズに。

 

また、公園遊びを終了するときも同様です。帰りたくない息子に「こっちから帰る? あっちの道から帰ってみる?」と聞くと効果は抜群。「今日はこっち」と答え、帰宅がスムーズになりました。

 

「そういえばさ」気持ち切り替え作戦

日によってはイヤイヤがヒートアップして、2択作戦どころではないこともあります。そんなときは「そういえばさ~」と話題を変えてみることに。

 

公園から帰りたくないとイヤイヤ言っていたのに、突然母から「そういえばさ! お花にお水あげたっけ? お花さんがのどかわいたよーって泣いてるかもしれないから見に行ってみよう!」とテンション高めに話しかけられると、子どももぽかん。そのあと話に喰いついてくれ、空気を変えることに成功しました。

 

 

今日はお手上げ! あなたについて行く作戦

しかし、時にすべての問いかけに対して「イヤ!」としか言わない日もあります。そんなときは、私のほうで割り切って「今日はとことん息子に付き合うぞ!」と腹をくくることに。いつも大人の都合で遊びを切り上げたりしているので、思いっきり遊ぶ日があってもいいかなと思ったからです。

 

外が暗くなれば子どもも帰ろうと言い出すだろう、とも思いました。しかし、腹をくくった矢先に突然子どもの気が変わることもありました。

 

 

イヤイヤに疲れ果てることもありますが、作戦があれば「今日はどれで行こうか……」とゲーム気分になれました。その結果、気持ちのゆとりが生まれるように。どの作戦もうまくいかずヘトヘトな日は、自分へのごほうびや子どもからのヨシヨシで気持ちをゆるめていきたいです。長男のときの作戦で、次は次男のイヤイヤを乗り切りたいと思います。

 

イラストレーター/さくら

監修/助産師 REIKO

 

 

 

 


著者:ときのせともこ

7歳と2歳になる5歳差の男の子兄弟のママ。結婚前は、生命保険会社で営業職を3年経験。趣味は子ども服を手作りすることやアルバム作り。年の差兄弟が一緒に楽しく過ごせる遊びを研究中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶