おせち料理を手作りして持参すると、義母が憤慨!衝撃のひと言が…!【体験談】

現在7歳の息子が3歳だったころのお話です。お正月に義実家を訪問したときのことでした。私はそれまでも息子の食事を手作りして持参していました。しかし、このときは息子のおせちを見た義母が、衝撃的なひと言を放ったのです。

祖母のイメージ

 

続きを読む

事前に、息子専用おせちを手作り

現在7歳の息子が3歳のときのお正月のこと。県外にある夫の実家へ、私、夫、息子の3人で帰省することになりました。毎年お正月に義実家へ行くと、義母がおせちを購入して用意してくれていました。

 

ただ、大人用のおせちなので息子には味が濃く、食べられない食材もたくさんあります。そのため私は、毎年息子の食事は自分で用意して持参するようにしていました。

 

お正月に義実家を訪問

今年も義実家で大人はおせちを食べるだろうと思っていたので、出発前に自宅で息子にもおせちを作ってあげることに。息子が食べられる食材で、味を薄めに調理しました。

 

息子用のおせちを持って私たちは義実家へ向かいました。お正月のあいさつを終え、私は息子のおせちをかばんから取り出し、冷蔵庫に入れてもらうよう義母にお願いしたときのこと。義母のまさかのリアクションに、私は衝撃を受けました。

 

義母から衝撃のひと言が

義母に息子のおせちを手渡すと、義母はいきなり、「私の作った料理を食べさせたくないってこと?! 失礼じゃないの?!」と驚きのひと言。これまでのお正月も息子の食事は自分で用意していたので、なぜ怒られているのかと、私は唖然としました。

 

すると夫が「まだ息子は3歳だし、大人のごはんは食べられない物もあるし、何がだめなの?」と義母に伝えてくれました。すると、夫に対して義母は、「今年は私が作ったのに!」と、せっかく自分が作った食事を息子に食べさせないことに、ショックを受けたようでした。

 

義母が用意した料理とは

私はとにかく謝罪と作ってくれたことにお礼を言い、「息子が食べられる物は頂きます」と伝えました。もちろん、息子用におせちを持参したのは、年齢的に大人と同じものをまだ与えていないからということも伝えました。

 

しかし、義母が出してくれた食事は、おせちではなく、スーパーで購入した揚げ物中心のオードブルと刺身、そして手作りのお雑煮でした。息子は3歳で、刺身はまだ食べさせたことがなく、またスーパーの総菜も味が濃いことなどが気になり食べさせないようにしていました。お餅も喉に詰まらせると怖い……。そこで、義母が作ったお雑煮のお汁や野菜だけ食べさせることに。もちろん私が作ったおせちも食べさせましたが、義母は私たちが帰るまで、ずっと不満そうな表情をしていました。

 

 

スーパーの買い物も用意する人数が増えた分、義母も大変だったと思うし、用意してくれたことは感謝しています。また、私も今年もおせちだろうと思い込んで確認しなかったこと、義母に息子の食事について何も伝えていなかったことを反省し、翌年からは事前に確認をするようになりました。すると義母も息子が食べられるメニューを考えてくれるように。それからというもの、義実家を訪問した際には、私も安心して義母の料理を息子に食べさせられるようになりました。義母も手料理を息子に食べさせることができてうれしそうにしているのでホッとしています。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 


著者:森井さやか

小学生と幼稚園児の男児2人を子育て中。育児の経験やアパレル販売員をしていた経験を生かして、子育て体験談やファッション記事を執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP