【2021年上半期】男の子に人気の名前よみランキングTOP20!今一番人気のトレンドネームは?

ベビーカレンダーは2021年1月から6月の上半期に生まれた32,616名の男の子を対象に「2021年上半期の名づけトレンド」に関する調査を実施しました。上半期生まれの男の子に人気の名前のよみTOP20をご紹介いたします。

 

男の子のよみトレンドは、止め字に「と」を用いた「と止めネーム」! 上半期人気のよみTOP20のうち、なんと7つもランクイン! 最も人気の名前は?!

 

続きを読む

1位 はると

2018年以降、3年連続よみランキング首位の「はると」が、2021年上半期よみランキングも1位を獲得しました! 男の子の名づけに人気の「と止めネーム」です。「陽翔」「大翔」「悠人」「陽大」「悠斗」「陽斗」「悠翔」などが人気です。

 

空を羽ばたくようなイメージの「翔」、太陽をイメージする「陽」、おだやかな印象の「悠」を用いた、スケールの大きな名前が多かったようです。

 

2位 りく

2019年は5位、2020年は4位にランクインした「りく」。「陸」「凌久」「凌空」などで実際に名づけられていました。

 

どこまでも続く壮大な陸地を連想させる「陸」や、力強さを感じる「凌」などの漢字を用いることで、男らしいイメージを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

3位 はるき

2019年のよみランキングでは6位、2020年は5位にランクイン。「悠生」「悠希」などが実際に名づけられました。

 

「はる」とよむ漢字では、遥か遠くのんびりしている様子を意味する「悠」が人気。「のびのびと育ってほしい」という願いを込めて名づけてもいいですね。

 

4位 みなと

2019年のよみランキングでは3位、2020年は2位の「みなと」。さわやかな響きの名前です。

 

船や人が集まり賑わう場所である「湊」を用いた名前が大人気。「湊」「湊斗」「湊翔」「湊大」などが実際に名づけられました。

 

5位 あおと

2019年のよみランキングでは8位、2020年は9位にランクイン。

 

「蒼大」「蒼空」「蒼士」「碧人」などが実際に名づけられ、草木が生い茂る様子を意味する「蒼」や、自然の生み出す美しい青緑色を意味する「碧」の人気が高い傾向にありました。

 

6位 ゆいと

2019年のよみランキングでは7位、2020年は8位にランクイン。

 

「結翔」「結斗」「結人」「結仁」など、人とのご縁や結びつきを表す「結」が大人気。落ち着いた印象を受ける「と」止めネームです。

 

7位 ゆうと

2019年のよみランキングでは4位、2020年は6位にランクイン。「悠人」「結翔」「悠斗」「悠翔」「結斗」などが実際に名づけられました。

 

おだやかな印象の「悠」、人とのご縁や結びつきを表す「結」が用いられていました。「ゆう」と音を伸ばすことでやさしい雰囲気になる「長音ネーム」でもあります。

 

8位 そうた

2019年のよみランキングでは2位、2020年は3位にランクイン。「蒼大」「奏太」「颯太」「奏汰」「奏多」などが人気でした。

 

「そう」という長音の響きがおだやかで爽やかな印象を受けるようですね。音や声をそろえて奏でるという意味のある「奏」は、調和や芸術性を感じさせる漢字です。

 

9位 あおい

2019年のよみランキングでは15位、2020年は11位にランクイン。上半期では、「蒼」「碧」「葵」「蒼生」などで名づけられていました。

 

自然の生み出す美しい青緑色を意味する「碧」は、新緑の季節に人気が高まる名前で、2021年5月は2位にランクインしました。

 

10位 ひなた

2019年のよみランキングでは9位、2020年は7位にランクイン。「陽向」「陽太」「陽大」「陽」「太陽」などが実際に名づけられました。

 

暖かくなる時期に、太陽を意味する「陽」の人気が高まる傾向にあるようです。

 

11位 そうま

2019年、2020年と2年連続よみランキングでは12位にランクイン。「颯真」「蒼真」「壮真」などが実際に名づけられました。

 

誠実で真面目な印象を受ける「真」を用いた名前で、どことなく落ち着いた印象を受けるようですね。

 

12位 いつき

2019年、2020年と2年連続よみランキングでは10位にランクイン。「樹」という漢字が実際に名づけに用いられました。

 

その字の通り「生えている木」を意味する「樹」。「大樹」「樹木」「樹林」など木々が生い茂る様子をイメージすることから、木々が大きく成長する3月に月間名前ランキング首位を獲得しました。

 

13位 そら

2019年のよみランキングでは19位、2020年は15位にランクイン。「蒼空」「空」などが実際に名づけられました。

 

その字の通り大空を連想させる「空」はスケールの大きさを感じる名前。空気が澄み渡る2月、4位にランクインしました。

 

14位 かいと

2019年、2020年と2年連続よみランキングでは14位にランクイン。実際には「海翔」「海斗」などの漢字が用いられました。

 

「海」は夏を感じさせる名前で、特に夏生まれの赤ちゃんの名前として、大変人気です。

 

15位 あさひ

2019年のよみランキングでは16位、2020年は18位にランクイン。「朝陽」「旭」などが実際に名づけられました。

 

「物事が始まる様子」という意味がある「朝」に、暖かい太陽を意味する「陽」を組み合わせた、爽やかな「朝陽」。2021年上半期ランキング4位にランクインした人気の名前です。

 

16位 はる

2019年のよみランキングでは17位、2020年は16位にランクイン。「暖」「陽」「悠」「晴」など、漢字一文字の名前が多く名づけられていました。

 

暖かな様子を連想させるような漢字が好まれます。また、「春」を連想できることから、特に春生まれの赤ちゃんに多く名づけられる名前でもあります。

 

17位 あきと

2019年は25位、2020年は31位にランクイン。「瑛斗」「瑛翔」などが実際に名づけられました。

 

澄み切った玉の光、水晶などの透明な玉を意味する「瑛」。心の美しい人になるような願いが込められているようです。

 

18位 そうすけ

2019年は18位、2020年は17位にランクイン。「蒼空」「蒼祐」「宗介」などが実際の名づけに用いられました。

 

「そう」という響きがやさしさと爽やかさをイメージさせ、「すけ」と組み合わせることで、「古風で粋な男らしさ」を感じさせるようです。

 

19位 ゆうせい

2019年のよみランキングでは22位、2020年は20位にランクイン。「悠生」「悠晴」「結晟」「優成」などで名づけられています。

 

のびのびとして、たくましさを感じさせます。

 

20位 いぶき

2019年のよみランキングでは47位、2020年は42位にランクイン。「一颯」「伊吹」「勇吹」などが名づけに用いられました。

 

まるで生命の「息吹」をイメージさせるような「いぶき」。昨年までは年間ランキング40位以下でしたが、2021年は人気が高まっているようです。

 

 

2021年上半期は、暖かい春を感じさせるような「はると」「はるき」「はる」などの「はるネーム」が3つもランクイン。「みなと」「かいと」など、海を連想させる名前の人気も高く、季節感を感じる名前が多いという結果になりました。これから男の子の名前を考えられる方は、ぜひ参考になさってくださいね。


<調査概要>
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された方
調査期間:2021年1月1日(金)~1月25日(月)、2月1日(月)~2月25日(木)、3月1日(月)~3月25日(木)、4月1日(木)~4月25日(日)、5月1日(土)~5月25日(火)、6月1日(火)~6月25日(土)
調査件数:32,616件(男の子)

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 名前ランキング検索

    ベビーカレンダーが独自で調査・集計した2017年以降に生まれた赤ちゃんの名前データの中から、知りたい名前の順位、よみの順位、漢字の順位を見ることができます。

    NEW!【名前で検索】【よみ方で検索】が名前の一部で検索できるようになりました!

    名づけ関連記事

    ママネタの新着記事

  • PICKUP