夫の育児アドバイスが正直しんどい…!そんな夫の小言がピタッ止まった意外な理由とは

夫婦にとって初めての子育て中、育児経験がほとんどない夫が育児に関してアドバイスをしてくれるようになりました。しかし、そのアドバイスがだんだんと小言に感じるようになり、いつしかひとりで子育てをしているような気持ちになっていきました。そんな夫の小言が、ある日を境にピタッと止まった理由をお伝えします。

夫の育児アドバイスが正直しんどい…!そんな夫の小言がピタッ止まった意外な理由とは

 

続きを読む

夫からのアドバイスが小言に変身

夫婦での子育てが始まり、私はおむつの替え方や沐浴の仕方などを一から夫に教えることに。夫も積極的に育児に参加してくれ、少しずつ子育てに慣れ始めました。しかし、それと同時に「これはこうしてね」など私に指示してくるように。

 

最初はわかったと返事をしていましたが、だんだんその内容が「おもちゃは使ったら毎回消毒してね」など、私にとっては「必要かな?」と思えるような細かい内容になっていきました。そうして夫の言葉に対し少しずつ否定的な感情を抱き、小言に感じるようになりました。

 

ひとりでのおでかけが招いた変化

夫の指示が増えるにつれ、だんだんひとりで孤独に育児をしている気持ちになってきました。煮詰まった私はある日、子どもを夫に任せて初めてひとりで出かけることに。久しぶりのひとりでの外出でリフレッシュできた私は、「明日からまた頑張ろう」という前向きな気持ちで帰宅しました。

 

帰宅すると夫はしっかり沐浴まで済ませて授乳してくれていました。しかし、1つ変わった点があったのです。それはこの日を境に夫からの小言がほとんどなくなったことでした。

 

小言をやめた意外な理由

しばらく経って、小言を言わなくなった理由を夫に聞いてみると、「最初は何も知らなかったから、大変な部分や手を抜いても大丈夫な部分がわからなかった」と話してくれました。

 

1日子どものお世話を夫に任せたおかげで、私が負担に感じていた部分やアドバイスを好意的に受け入れられなかった理由がわかったようでした。それから育児について相談をすると、建設的なアドバイスをしてくれるようになったのです。

 

 

私も夫の話を聞き、私が夫からのアドバイスに対して否定的に感じたのは、理想の育児を押し付けてくる内容だったからだということに気づきました。育児において「こうすべき」という理想がありますが、私は負担に感じることがあります。育児を共にする夫が、その葛藤や苦しい部分を理解してくれることがこれほど心強いものなのかと実感した体験でした。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:山口まなみ

3歳の娘と双子の男の子の母。韓国人の夫と家族5人で韓国に在住。海外での子育てやバイリンガル教育に奮闘する自身の体験談を執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      たった1日で理解してくれるのは良いですね。 うちの夫は末っ子出産入院中 仕事を4日半休んでくれて 小学生と当時1歳10ヶ月の娘をお世話してくれましたが 私が普段夫に言われてることは、夫は完璧に出来て… もっと見る
      たった1日で理解してくれるのは良いですね。

      うちの夫は末っ子出産入院中
      仕事を4日半休んでくれて
      小学生と当時1歳10ヶ月の娘をお世話してくれましたが
      私が普段夫に言われてることは、夫は完璧に出来てしまうので
      出来ない私の気持ちはわかって貰えませんでした…。笑
      むしろ、なんで出来ないの?
      って言われて
      パパは仕事が出来るからね~!
      さすが~!
      って言い返して終わりましたが。
      (家事が苦手なのを受け入れてくれてるだけ有り難いですね。)

      もっとも、おもちゃは毎回消毒してねとか言われたら
      あなたを消毒大臣に任命します。
      って言い返しますけど(笑)
      +25 -1

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママトピの新着記事

  • PICKUP