「MRIを撮った意味…」腫瘍らしきものが良性なのか悪性なのか #43歳で腎がんになった話 5

「43歳で腎がんになった話」第5話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、夫に付き添われMRIを撮りに診察に行ったときのこと。気になる診断結果は……。

 

続きを読む

43歳で腎がんになった話 ~第5話~

がんかも知れない……と、もやもやとした1週間を過ごし、いよいよ1週間後の診察へ。

 

マメ子

 

夫婦にほんのり漂う緊張感……。

 

まず、採血&検尿(このとき、まだまともな色の尿は出ず)のあと、MRIを撮りました。

 

MRIは初めてだったので、寝ているだけかな?と思ってたら、何度も息を止めなくてはならない場面が。

 

マメ子

 

これは、健康なときなら余裕だけど、本調子でないときはまあまあツラい!

 

そして、MRIの画像を見る……。

 

CTよりたしかに鮮明に、こないだ見た腫瘍が写っていました。小さくなったりしてないかなと思ったけど、なっていなかった。

 

 

結局、わからないそうです!

 

MRIを撮った意味……。

 

やっぱり造影剤を使ってCTを撮るのが1番なんだけど、今回も腎臓の数値が悪くて撮れないのだとか。

 

今日は病名がわかると覚悟を決めて行ったので、ホッとしたような、がっかりしたような……。

 

しかしここで、せっかく休みを取った旦那がただで帰るまいと思ったか

 

マメ子

 

踏み込んだ!

 

でも、先生は確実でないことは言えないのは当然で……。

 

悪い可能性のほうが高いことは、私たちも感じてはいたし、先生の雰囲気からもそんな気がしたけど。

 

とにかく、この日は今後手術のために転院する病院を決め、紹介状をもらい、新しい病院には1週間後に行くことになった。

 

複雑な気持ちで、帰路に着く……。

 

マメ子

 

旦那もそんな感じだし、診断がおあずけになって、私もちょっと安心したかも知れない。

 

そう思ったら猛烈におなかが空いてきて(久しぶりの食欲)、午後から仕事に行こうかなと(少しだけ)思ってたけどやめて、うどん屋さんに行ってしまった。

 

会社をずる休みして食べる、平日ランチは背徳の味……。

 

ちょっと得した気分。

 

マメ子

 

全然得してないし、結局がんなんだからプラマイのマイなんですけどね!

 

次回は、造影剤を使ったCTを撮るために紹介先の病院へ行ったときの様子をお伝えします。

 

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP