「治療してこの先も生きたいのかな?」乳がんを初めてカミングアウトして気付いたことは… #40歳独身で乳がんになりました 7

「40歳独身で乳がんになりました」第7話。40歳独身で乳がんの告知を受けた、島野たみこさんの体験を描いたマンガを紹介します。乳がんと告知され、自分がどうしたいか考えたとき、地元に戻りたいと感じた島野さん。病院を出たあと、まず相談した人は……。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

 

カミングアウト、誰からにする?

 #40歳独身で乳がんになりました 7

 

乳がんを告知された私。まず確定していることとこれから判明すること、針生研の結果が出るまでに決めなければいけないことを頭の中でまとめました。

 

確定事項とこれから判明することは、自分ではどうしようもない。でも、これから決めなければいけないことは、地元に戻るしろこのまま1人暮らしで治療するにしろ、人生をというか命を左右する選択。

 

検査結果が出る1週間で決められるものなのか?

 

 #40歳独身で乳がんになりました 7

 

そもそも……。私はがん治療するの? 抗がん剤や摘出手術をするの?
もし「しない」選択した場合はどうなるんだろう?

 

そして、今40歳独身の私は生きたいのかな? 長生きしたいのかな?

 

検査後、病院近くの神社のベンチでそんなことを考えました。

 

 #40歳独身で乳がんになりました 7

 

今までの私は自分の現状に対して、特に前向きでも後ろ向きでもなく。

 

周りはどう見ているか知らないけれど、それなりに仕事を頑張って、それなりに好きなことをしてそれなりに満足した生活を送っていました。

 

でも、なんとなく生きていたから「生きる目的があるのか?」と考えたら正直よくわからないのですが、それは治療方針が決まってから考えても遅くない。

 

「とにかく地元に戻るか決めないと、ほかのことが決められない」と気持ちを切り替えることに。

 

 #40歳独身で乳がんになりました 7

 

そして、私が最初のカミングアウトの相手に選んだのは年の近い妹でした。

 

とりあえずメッセージを送ったけれど、妹も仕事中なのですぐには返事は来ないだろうと思っていたら、すぐに連絡が来ました。

 

 #40歳独身で乳がんになりました 7

 

私の現状を説明すると、妹は驚いていましたが、落ち着いて話を聞いてくれました。
今日あったこと、がんについて初めて知ったこと、よくわからなくて不安なことを妹に話し続ける私。

 

話しながら、「妹は気配りがじょうずなやさしい子で、私が望まない言葉は絶対言わない。私はそれをわかっていて、妹に打ち明けたんだ」と気付きました。

 

 #40歳独身で乳がんになりました 7

 

そして、妹に話をしたら絶対に地元に帰ることをすすめてくれると私はわかっていたし、背中を押してほしかったんだなと思いました。

 

話すことで自分の考えがまとまったということもあるかもしれません。

 

地元に戻ることを前提で上司に相談してみよう、もしダメだとしてもとりあえずの治療費は大丈夫だろう、まずは地元の病院のことを調べてみよう。

 

もしダメだったら40歳無職独身の姉が爆誕することになるけれど(笑)。

 

 #40歳独身で乳がんになりました 7

 

今後はとりあえず地元に戻る準備を進め、大体の治療方針がわかってから両親に報告しようと思いました。

 

両親にすぐ報告するのをためらったのは、罪悪感があったからです。
子どもたちが巣立ち、仕事もひと段落して、ゆっくり老後を過ごそうとしているときでしたから……。

 

せめて「大丈夫だよ!」と少しでも心配をかけないような報告の仕方ができたら良いと思ったのです。

 

 #40歳独身で乳がんになりました 7

 

妹と話すことでとりあえず少し方向性が決まりました。

 

がん治療のイメージが苦しそうで怖いというのは、私が実態を知らないから。
治療をしたくないわけではないということに気付いたのです。

 

このがんを乗り越えることができるかどうかは別として、とりあえず挑むことになりそう。

 

 #40歳独身で乳がんになりました 7

 

先生は「先走って仕事を辞めちゃいけない」と言っていました。私も辞めたいとは思っていませんでした。
でも、仕事を続けることを前提にした思慮が私にはできませんでした。

 

自分がそういう人間だとわかっているなら、地元に戻ったほうが良いだろう、自分の気持ちを無視したら後悔しそうと思いました。

 

あのときの決断から約1年。今の私は地元に戻った決断を後悔していません。
でも、さらに1年後の私が後悔していないとは言い切れませんが。

 

妹には感謝してもしきれないくらいお世話になりました。「ごめんね」って言うと嫌がるから言わないけれど、いっぱい「ごめんね」の気持ちもあります。

 

次回は、両親に自分が乳がんだと伝えたときのお話をします。
 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。
※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶