「ママごめん!」パパが育児を「やってるつもり」だったと気付いて猛反省!?気付いたきっかけとは…!?【体験談】

パパとして育児に全力投球しているつもりなのですが、初めて子どもと2人きりで公園へお出かけしたときに、「わかったつもり」「やってるつもり」だっただけかもしれない、と気付く出来事がありました。仕事では「わかったつもりをしないように」と気を付けていたのですが、実は子育てではやってしまっていたのです……。

父親と子どものイメージ

 

続きを読む

ふだんは「うん、わかるわかる」が口グセ

わが家は、妻は専業主婦をしています。私には見えない苦労もあるでしょうから、妻の悩みには基本「そうだよね」と受け入れる姿勢でいます。日中は会社で家にいないのでなおさらです。口コミサイトでよくあるママの悩みもチェックし、私にできるフォローはできるかぎりやっていました。それが「やっていた”つもり”だったかも?」と気づいたのは、2歳の子どもと初めて2人で公園へお出かけしたときでした。

 

ママのフィルターなしに子どもを見る

公園には何組かの同年代の親子たちがいて、思い思いに遊んでいました。私にとっては2人おでかけデビューだったので内心ドキドキしながら遊んでいると、周りの子どもたちはよく言葉を発しているのに気づきました。


妻がよく言っている「うちは2語めが遅いかも」ってこういうことか……? 何歳で2語しゃべるという目安はよく聞くものの、自分の目で周りの同年代らしき子どもの様子を見ると確かに違いを感じ、うちの子は2語めのタイミングが遅いかも、という妻の不安を初めて理解することができたのです。

 

 

パパフィルターもママフィルターも大事

それからは、妻が心配していた発語のタイミングについて夫婦でしっかり考えることができるようになりました。療育という仕組みを私が理解したのもそれからですし、同じ悩みを持っている家庭が多いことも知りました。実は今まで私は妻の言葉を通じて子どものことを理解していただけなのかなと反省……。今回、初めてママフィルターを外して直接子どもと向き合えて、子どもを理解できたように感じました。

 


子どもと2人きりでの公園デビューでは、思いがけない気づきがあり、父親としての育児レベルが少しだけアップしたかなと自信にもつながりました。いつも通り3人で出かけても楽しく有意義なのですが、ママ抜きで、不安を抱えつつ子どもと2人だけで外出してみたからこそ、いろいろなことに気付けたのだと思います。私ひとりゆえにずっと子どもを見続けていたので、発語の遅さだけでなく、走るのがいつの間にかこんなに早くなったんだな、などという子どもの成長に気付くことも多かった1日でした。これからもしっかり子どもと向き合って、「わかったつもり」「やってるつもり」にならないよう気を付けたいと思います。

 


著者:小森南朋

6歳の息子がかわいくてしょうがないパパ。ふだんはマーケティングで人の心を探る仕事をしているが、家では家族みんなに心をよまれている。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      ちゃんと自分で気付けるなんて素晴らしい。 うちのは他の子に興味がないんだか 長女溺愛しすぎてんだか 12ヶ月で歩いた事に 早いね~! って娘を褒めてたけど 長男もそうだったし、1歳前後が目安だよ! … もっと見る
      ちゃんと自分で気付けるなんて素晴らしい。

      うちのは他の子に興味がないんだか
      長女溺愛しすぎてんだか
      12ヶ月で歩いた事に
      早いね~!
      って娘を褒めてたけど
      長男もそうだったし、1歳前後が目安だよ!
      って言ってやった。
      そのせいか
      次女が9ヶ月で歩いた時は言わなかった。笑
      +14 -0

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP