「肛門を見られるなんて!!」傷が開くのが怖くて8日間も便意を我慢した結果、とんでもない事態に!?

娘を出産したとき、会陰切開をしました。会陰切開部に違和感はあったものの、特に痛みなどもなく傷の回復は順調だった私。しかし会陰切開の傷が開くのが怖く、出産後8日もの間、排便を我慢したとこにより病院のお世話になることになってしまいました。

8日間便意を我慢したら⋯

 

続きを読む

ブラジルで出産し、翌日には退院

私はブラジルの病院で、娘を無痛分娩で出産しました。多くの西洋諸国と同じく、ブラジルでも特に問題がなければ出産した翌日、あるいは翌々日には病院を退院します。私も出産翌日には病院から退院しました。

 

初めての子育てということでドタバタしたものの、私の体は少しずつ回復していきました。しかし尿意のコントロールなど含めていくつか問題が……そのなかで出産後に最も私を悩ませたのが、便意です。

 

傷が開くのが怖くて…

会陰切開の傷は特に痛みなどはなかったものの、やはり違和感がありました。そのため産後3日後に軽い便意があったものの、会陰切開の傷が開きそうな気がして便意を我慢してしまいました。

 

そしてその後も数回訪れた便意を我慢していたところ……産後8日目にしてひどい腹痛になってしまったのです。さすがにおなかの痛みと便意に我慢ができず、トイレに駆け込みました。ところが頑張っておなかに力を入れても便が出ないのです。

 

病院で浣腸をおこなうことに!

さすがにこれはマズイと思い、出産した病院へ。病院で会陰切開の傷は順調に回復しており問題ないこと、便意で力を入れてもまず裂けたりしないことを医師から説明されました。そこまではよかったのです。

 

しかし、問題はその場で出された浣腸です。生まれて初めて入れる浣腸。病院のトイレで浣腸を入れようとしたものの、自分ではうまく入れられなかったのです!

 

他人に肛門を見せる恥ずかしさ!

その後もなんとか自分で入れようと四苦八苦したものの、結局浣腸を入れることはできませんでした。看護師さんに浣腸が入れられないことを伝え、看護婦さんに浣腸を入れてもらうことに。

 

壁に手をつきおしりをつきだし、看護婦さんに浣腸を入れてもらう私……。他人に肛門を見せるのはなんとも言えない経験で、とても恥ずかしかったです。

 

 

このとき以来、水をたくさん飲むように特に意識し便意を我慢するのはやめるように。幸いなことに会陰切開の傷は1カ月後あたりには違和感は消え排便への恐怖もなくなり、便秘になることはなくなりました。もしも第二子を出産することがあれば、この教訓を生かしたいと思っています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO


著者:レイトン 愛加

5歳の娘を育児中。現在はブラジルに移住しており、海外での子育てと仕事の両立に奮闘中。大学卒業後、ずっと経理の仕事をしており、ブラジルで独立して事務所を構えることが直近の目標。いつか子どもと世界旅行をするという野望も!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP