手術前の剃毛問題! 自分でやるか、やってもらうか… #43歳で腎がんになった話 11

「43歳で腎がんになった話」第11話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、手術をおこなう上で気になっていたこと、剃毛について。自分でしていいのかどうかを看護師に聞いてみると……。

 

続きを読む

43歳で腎がんになった話 ~第11話~

手術前検査もすべて終わり、あとは手術を待つのみとなりました。

 

とその前に、思い出した話を描きたいと思います。

 

ちょっと今回の内容、ご気分を害されたらごめんなさい……。

 

手術前検査と同時に、入院説明を受けました。
事前に渡されたたくさんの同意書や、家族や自分の病歴を書いた紙を提出し、看護師さんから入院と手術に関してひと通りの説明を受けます。

 

とそこで、ちょっと気になっていたことを聞いてみる。

 

「剃毛って、自分でしてもいいんですか?」

 

すると、ガッキーを女芸人にしたような雰囲気の看護師さんが

 

マメ子

 

と、力強くおっしゃった。

 

そ、そっか……。

 

実は、剃毛に関しては手術経験のある先輩方に事前に聞いたところ、

 

1.自分で事前に剃ったからやってもらわなかった
(子宮筋腫腹腔鏡手術先輩)

 

2.緊急手術だったのでやってもらうしかなかったが、すべての毛という毛を処理され、その間はただ心を無にして耐えた
(腸閉塞開腹手術先輩)

 

ということだったので、できれば自分でトライしたいと思っていたのです。

 

でもそうか……。たしかに、手術前にデリケートゾーンに傷でも作ったら、迷惑かけるし……。

 

と、諦めかけていたところ。

 

マメ子

 

もう、こうなっては仕方ない。
衛生面においても、やったほうがいいはず!

 

そして、フロントの一部のヘアだけをなぜか残し(躊躇した)、細心の注意を払いつつできる範囲でカット!

 

結果……

 

マメ子

 

超・快・適!

 

もっと早くやればよかった…!

 

エステでする勇気はないけど、将来的にセルフで痛くなく脱毛できるようになったら、ぜひやりたい!
(脇などはワックスでやりますが、デリケートゾーンは怖いので)

 

新しい扉が開いた気分です。

 

そして、入院当日に剃毛に来てくれた看護師さんに、「自分でやってみたんですけど……」と申し出ると、

 

「そうなの〜!? じゃあ、もう少しやる必要があるかどうか、今見せていただいていいです?」

 

と言われ、見てもらう。

 

マメ子

 

なんか……やりすぎたようです。

 

次回は、入院初日のことをお伝えします。

 

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP