「意思確認をしたい」医師から突然の呼び出し…。説明を受け、私は頭が真っ白に…!【930グラムのいのち 9】

「930グラムのいのち」第9話。不妊治療の末、妊娠した鳥野とりこさん。腹痛や出血があり、入院することに。しかし、吐き気やひどい下腹部痛はおさまらず、また血液検査の数値もよくないと言われ、高リスクの妊婦さん向け完全個室に移動します。

そして妊娠22週を迎えたある日のこと、先生からお話があると言われました。先生からのお話とは……!?

 

続きを読む

医師からの突然の意思確認…

930グラムのいのち 第9話

930グラムのいのち 第9話

930グラムのいのち 第9話

 

930グラムのいのち 第9話

930グラムのいのち 第9話

930グラムのいのち 第9話

 

930グラムのいのち 第9話

 

医師からお話があると呼ばれた鳥野とりこさん。

 

医師のお話は、「今のままだと早産になる可能性が高いと思う」というもの。

 

そして、医師はさらに続けます。

 

「急な出産になったとして、赤ちゃんの状態がまありよくなかった場合、赤ちゃんに対して積極的に治療をするか、救命措置をせずに見守るか。意思確認をしたい」。

 

これが本題でした。

 

今日、鳥野さんは妊娠22週を迎えました。妊娠22週を超えると、赤ちゃんに対して延命措置ができるようになるから、と説明がありました。

 

「赤ちゃんの延命措置!?」

 

突然のことに、戸惑う鳥野とりこさん。

意思を確認され、一瞬頭が真っ白になってしまいました。

 

◇  ◇  ◇

 

助産師さんいわく、医療現場では、赤ちゃんにとっての最善の利益を考えて、治療のメリット、デメリットを保護者に説明し、それらをもとに保護者は検討していくことになるそうです。しかし、保護者にとって苦渋を伴う選択となることも多いと言います。鳥野さんも、医師から聞かれ、「もちろん生きてほしい、でも、延命措置って……!?」と、いろいろなことが頭をよぎったのではないでしょうか。


 

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター鳥野とりこ

    2017年1月に27wで930グラムの息子ねこ太を出産。Instagramにて、早産に至ったエピソードや、保活のお話、発達障がいのお話を描いています。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP