「なんでもっとしなかった?」手術後にめっちゃ後悔したことは #43歳で腎がんになった話 14

「43歳で腎がんになった話」第14話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、腎臓摘出手術後の様子について。すごく後悔したことがあったそうで……。

 

続きを読む

43歳で腎がんになった話 ~第14話~

手術前の硬膜外麻酔にビビりまくり、手術室の皆さまになだめられ、なんとか処置が終了。

 

全身麻酔が効いてきて、すぐに意識がなくなりました。

 

それから長かったのか、短かったのか……。

 

意識が戻った瞬間は、突然テレビのスイッチをつけたかのような、目は開かないままだけど、周りの慌ただしい騒音が、ぶわっと一気に流れ込んできたような感じ。

 

マメ子

 

瞬間的に、あっ! 手術だった!とわれに帰る……。

 

でも、まぶたが重すぎて、ほとんど開かない!

 

見えないけど、音はよく聞こえてきて、金属の触れ合う音や複数の話し声の感じから、終わって撤収作業っぽい雰囲気だとわかった。

 

終わったんだなーと思ってると、耳元で

 

「マメ子さん、手術終わりましたからね」
と声が。

 

返事をしようとしても、喉が痛くて、声が出ん…あ、呼吸器が入っていたからか……。

 

「病室に戻りますからねー」

 

廊下をゴロゴロと移動しているのは感じていたけど、とにかく眠い。
病室についてやっと目が開くように。

 

マメ子

 

喉がカラカラだけど、明日の朝までは我慢しなくちゃいけない。

 

横を見ると、手術前に置いていた水が。
夜中にこれを見たらちょっとヤバいかも……と思って、

 

マメ子

 

なんで手術前、ギリギリまでもっと水を飲まなかったかなと後悔……。

 

朝まで喉の渇きと体のかゆみに耐えながら、熱が出たときに見るような、変な夢をずっと見ていたような気もする。

 

そして、やっと朝!

 

水のおいしいことと言ったら…!

 

マメ子

 

500mlを一気に飲み干す勢いでした。

 

手術翌日に、足カバーが取れ、心電図も取れ、尿管も取れ、あと残りは点滴、背中の管、おなかの管のみ。

 

少し身軽になったところで「歩いてみましようね」と看護師さん。

 

うん、行けそうな気がします!

 

マメ子

 

マメ子

マメ子

 

あれっ??????

 

これからどうすんの??????

 

まず、ベッドから背中がはがれない!

 

ベッドの端に腰かけてと言われるけど、
ベッドの端まで果てしなく遠い…!

 

なんとか立ち上がって、点滴につかまりながら、よぼよぼ歩くのが精一杯。

 

でも、開腹なんてきっとこれの比じゃないんですよね……。

 

医学の進歩に感謝です!!
令和最高〜!

 

次回は、入院生活についてお伝えします。

 

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP