「危ないところだった!」入院前、手術中…心配性の母の行動に驚き! #43歳で腎がんになった話 16

「43歳で腎がんになった話」第16話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、心配性な母とのやり取りについて。心配してくれるのはありがたいけれど、ちょっとネガティブすぎるようで……。

 

続きを読む

43歳で腎がんになった話 ~第16話~

がんのことを報告したときの記事で少し触れたのですが、うちの母親はものすごく心配症なのです。
心配性というか、ちょっと過干渉というか……気持ちはありがたいんですけどね。

 

逆に私は、先のことはあまり悩まないタイプで、干渉されるのも好きじゃない……。

 

親子なのに、相性は良くないです(仲は悪くない)。

 

で、そんな母ですから、今回の入院前も

 

マメ子

 

つきっきりで、ビッチリいるつもりだったみたい!
ヤバいヤバい!

 

具合悪いときにオロオロされるとこっちが気をつかっちゃうし、元気になったらなったで、スマホは体に悪いから控えろとか言いそうだし……。
私のウキウキ入院ライフが台無し。

 

気持ちはありがたいけど、私もいいおばさんなんで、あまり心配されると恥ずかしい……。

 

新型コロナ感染防止のため、手術中は家族は病院内で待機できないので、手術が終わったら電話で旦那に連絡が来ることになっていました。

 

手術は、予定では3〜4時間という話。

 

ところが、電話が来たのは手術開始から6時間後だったそうで。

手術自体は順調だったそうだけど、手術中の麻酔の準備に時間がかかったらしい。
硬膜外麻酔は、血管が曲がっていたか何かで、私が眠ったあとにエコーを見ながら調整していたらしいのと、全身麻酔の消費が早くて、何度か麻酔を追加したためらしいです。

 

それと、手術後忙しかったのか、先生が電話するのも1時間くらい遅かったとか。
(忘れたな)

 

まあ、予定は予定ですから、2〜3時間押すことだってありますよね。

 

でも当然、実家ではプチパニック!

 

マメ子

 

病院が近かったら、入れないとわかってても押しかけていく勢い。遠くて助かった。

 

術後も逐一、経過をメールで報告はしてたんですが、退院のめどがたったと連絡すると

 

マメ子

 

に、2〜3日?
迎えの都合で、すでに予定より1日遅らせたというのに……。

 

ホテルじゃないんだから!

 

ちなみに「誰に聞いても最低2週間」って、誰に聞いたか知らないけど、母の知り合いだから年配の人だと思います。

 

なんとか母を説得して家に帰ると、母から本が届いていた……!(仕事が早い)

 

マメ子

 

せっかくがんを取ってもらって、今が1番心が晴れ晴れしてる時期なのに、早速再発して治療が始まるのが前提って……。

 

ネガティブが過ぎるでしょ!

 

でも、1周回ってちょっとかわいいでしょ、うちの母。

 

次回は、手術のときの執刀医についてお伝えします。

 

 

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP