「執刀医って!?」最初からわかっていれば違っていたのに~ #43歳で腎がんになった話 17

「43歳で腎がんになった話」第17話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、手術のときの執刀医について。執刀医が誰なのかを気にしていなかったマメ子さんでしたが……。

 

続きを読む

43歳で腎がんになった話 ~第17話~

手術をすると決めたときのことですが、主治医先生とこんなやりとりがありました。

 

マメ子

 

執刀医がどの先生になるかということは、正直全然気にしておらず(そもそも、誰がどうとかわからないし)、その後もその話題が出ることはありませんでした。
なので、あとから結局はやっぱり主治医先生が執刀してくださるのかな?と思っていて、特に確認することもなく手術を迎えてしまいました。

 

聞き忘れていたのもあったけど、なんかあえて聞くのも、こだわってるようで聞きづらくて……。

 

そして、手術当日の朝、病室にて

 

マメ子

 

初めて会うベテラン風先生。
見た感じは50代前後。
年齢的にも、主治医先生より上だし、ちょっと丁寧めにあいさつします(笑)。

 

ベテラン先生には手術室でお会いしなかったけど、手術後も、時々様子を見に来てくださいました。
毎日の回診に来てくださった先生は3人いたのですが、比率はこんな感じ。

 

マメ子

 

そして退院の少し前、ベテラン先生の回診があり、傷を確認してもらう。

 

マメ子

マメ子

マメ子

 

んっ?

 

それって

 
マメ子

 

ってこと……ですよね……!?

 

この1秒の間に、頭をフル回転して考える。

 

先生、手術室で会っていないけど!?
でも、部屋全体を見渡して確認したわけじゃないし……。
緊張していて、あいさつも周りにいた人にしかしていないぞ!
でも、今思えば、麻酔しているときに声だけ聞いた気がする……。
えっ……ということは、主治医先生が執刀医だと思い込んでいたけど、ベテラン先生だったの!?
主治医先生は何? 助手!?
逆に、ベテラン先生がサポートとか?
そもそも手術って先生1人でやるわけじゃないよね?
2人でやっても、執刀医って1人?

 

思わず
「先生が執刀してくださったんですか!」
と言いかけたけど、
それを言ってしまうと、知らなかったことがバレてしまう!(もうバレてるか)

 

そこで、最初から知ってましたけど、改めて心から感謝してるんですという感じを全力で出して

 

「本当に、ありがとうございました〜!」

 

精一杯のお礼を言っておきました。

 

それにしても、最初からわかっていれば、このときだって

 

マメ子

 

この程度じゃなく、

 

マメ子

 

最敬礼であいさつしたのに!

 

言ってよ……主治医先生も……。
(いや多分、こちらから聞くのが礼儀なんですよね?)

 

ベテラン先生、大変失礼致しました。

 

次回は、退院の日のことをお伝えします。

 

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP