「このまま退院して大丈夫?」不安を感じつつ帰ったら突然電話が! #43歳で腎がんになった話 18

「43歳で腎がんになった話」第18話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、退院したときのこと。先生たちにあいさつをして病院を出たものの、ある不安が……。

 

続きを読む

退院だけど不安…

退院当日は、全国的な大雨……。

 

マメ子

 

この日は祝日だったため、会計ができないとのことで、入院費用は後日診察時にお支払いくださいとのことでした。

 

退院指導を受け、次回の診察予約をしてもらい、先生と看護師さんたちにあいさつをしたら、もう帰っていい……

 

んだよね?

 

マメ子

 

お金を払わないで帰るの、ちょっと不安……。

 

CD売り場を出るときみたいに、出口でピーピー鳴ったりしないかしら(しません)。

 

無駄に周囲を警戒しながら、時間外出入口から逃げるように出る。

 

マメ子

 

なんとか無事脱出……。

 

大雨の中、車に乗り込んで、やれやれ……と思ったところで

 

マメ子

 

このタイミングで着信!

 

何、何!?

誰!?

 

電話に出ると

 

マメ子

 

ほら来た! やっぱり(今いた)病院ー!

 

なんだかわからないけど、すみません!

 

叱られる覚悟で、話を聞くと

 

マメ子

 

単に、病室の忘れ物の連絡でした。

 

しょ、しようもな…

ビビって恥ずかしい。

 

ともあれ、大雨の中、1時間かけて久しぶりの自宅へ。

 

9日ぶりの子どもたち!

 

なんか大きくなってない?

(気のせい)

 

マメ子

 

まあ……普通でした(笑)。

 

普通がいいですけどね。

 

次回は、術後の体の変化についてお伝えします。

 

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP