「もう少々の事では驚かない」と思った私が動揺。告げられた驚愕の事実とは…【930グラムのいのち 11】

「930グラムのいのち」第11話。不妊治療の末、妊娠した鳥野とりこさん。腹痛や出血があり、入院することに。妊娠22週を迎えた日、医師から赤ちゃんの延命措置について、意思を確認されました。夫と話し合い、もしものときは延命措置をおこなってもらうことに決めます。そして鳥野さん夫婦は妊娠12週ころの出来事を振り返りました。それは出生前診断の1つである「胎児ドック」のことでした……。

 

続きを読む

早産に備える

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

※誤)胎児ドッグ → 正)胎児ドック

 

930グラムのいのち 第11話

※人工妊娠中絶は、母体保護法により定められた適応条件を満たしている場合に限り、施行されます。

 

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

 

それでも私たち夫婦は産むという気持ちは変わりませんでした。

 

 

そして今回、「早産した場合に赤ちゃんに延命措置をおこなうか、治療せず見守るか」と意思を確認されました。

 

染色体異常の有無に関わらず、妊娠22週で出産した場合には、赤ちゃんの救命は難しいそうです。救命ができたとしても障害が残る可能性も少なくないとか。

 

私に早産の可能性がみられたことから、医師は確認をしてきたのだと思います。

 

最初は一瞬頭が固まってしまいました。けれど、夫と話し合い、私たち夫婦は「延命治療をおこなう」という結論をだしました。

 

 

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

 

930グラムのいのち 第11話

930グラムのいのち 第11話

 

「もし、赤ちゃんが早産で生まれたら、延命措置をするか、それとも治療をせず見守るか」と主治医より意思を確認された鳥野さん夫婦。夫婦で話し合い、「延命措置をする」と決めました。

 

医師に赤ちゃんの延命措置を希望する旨を伝えると、病院側はそのときのための準備を始めます。いろいろな手続きや面談、レクチャーなどがありましたが、着々と進んでいったので、「これで急な出産になっても大丈夫」と鳥野さんは安心します。

 

しかしそんな矢先に、看護師さんより鳥野さんに「血栓ができている可能性が高い」との連絡が!

 

看護師さんが部屋に来たとき、これまで出血など多くの苦難を乗り越えてきたので、「少々の事ではおどろきませんよ」と、余裕な雰囲気だった鳥野さん。しかし、さすがに血栓と聞いて驚き動揺してしまうのでした。

 

◇  ◇  ◇

血栓とは、血管の中に血のかたまりができて、血管がつまってしまう病気のこと。助産師さんは、妊娠すると血栓ができやすくなると言います。妊娠中は血液量が増えて固まりやすくなることが、血栓の要因の1つなのだとか。血栓の予防には、足の運動、弾性ストッキングの着用、十分な水分摂取などがよいといわれていますので、妊婦さんは心がけてみてくださいね。

※妊娠中の運動はかかりつけ医に確認の上、おこなってください。

 


監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター鳥野とりこ

    2017年1月に27wで930グラムの息子ねこ太を出産。Instagramにて、早産に至ったエピソードや、保活のお話、発達障がいのお話を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP