「片付けないお前が悪い!」子どもたちも犠牲に…物をすぐに片付けないと気がすまない父親の困った行動

私は息子2人を持つ父親です。私たち夫婦と息子2人は私の両親と同居しています。両親は部屋を常にきれいにしていないと落ち着かないタイプで、特に父のほうがその傾向が強く、すぐに片付けてしまいます。そんな父と私たち親子の間で起こった、ある出来事を紹介します。

続きを読む

片付けに関する私の感覚

私も部屋が散らかっていることについて何も思わないわけではありません。子どもが靴下を脱ぎっぱなしにしていれば注意して片付けさせたり、お菓子のごみは食べたらすぐに捨てさせたりと、使い終わった物はしまったり整理するようにしています。

 

ですが子どもがまだ遊ぶであろうおもちゃがリビングに散乱している場合や、自分や妻があとで使おうと思って置いてある物などは、今すぐ片付けたいという感覚はありません。おもちゃはしまってもまた出してくるし、使用後にきちんと片付ければいいと思っているので、「まだ片付けなくていいや」といった感覚です。

 

今すぐ片付けないとダメな父

しかし、父は私の感覚を許せません。子どもが父の許容範囲以上の数のおもちゃを出してきたとき、父はおとなげないほど怒ります。子どもが遊んでいるにもかかわらずおもちゃを片付け、子どもに泣かれても「こんなに出してくるお前が悪い」と子どもを叱ります。子どもは「まだそのおもちゃ使うのに……あとで片付けるから!」と言っても、今すぐに片付けないと父は気が済まない様子。

 

また、私と妻があとで使おうと部屋に持ってきた掃除機や工具箱は、ちょっと目を離すともとの場所に戻っています。「使おうと思って準備したのに!」と言うと「今すぐ使ってすぐに片付けろ!」と、とにかく今じゃないとダメなのです。

 

どこに片付けたかわからない

実は、父は片付けじょうずではありません。掃除機や工具箱のようにいつもの場所にあるものは戻せるのですが、私たち親子のものに関してはとにかくデタラメです。

 

父も自分でどこに片付けたかわからず、子どもから「あのおもちゃどこに片付けたの!?」と言われても「知らない! 自分で片付けないのが悪い!」や、私が「置いてあった携帯の充電器知らない?」と言うと「知らない、さっさと片付けないからなくなるんだ!」と言う始末……。父がやっているのは整理ではなく、ただまとめているだけなのです。

 

 

感覚の違いは誰にでもありますが、人の物を触ることにもう少し気をつかってほしいです。現在は父に片付けられる前に「これはあとで使うから置いといて」「このおもちゃは子どもに片付けさせるからそのままにして」と事前に伝えて我慢してもらっています。

 


著者:佐藤 稜

6歳と2歳の2児の父。サラリーマンとして働きながら副業としてライターを目指す他にブログ記事も執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP