「え、準備してない!」義母の前でプチパニック!結婚の挨拶でやらかして…

プロポーズの次にやるべきことは、お互いの家族への挨拶。当時、私たちは付き合って2年でしたが、お互いの親とは一度も顔を合わせたことがありませんでした。そのせいか、私も彼も挨拶のときに、ものすごく緊張してしまい……。

「釣書って何!?」義母の前でプチパニック!結婚の挨拶でやらかしてしまい…

 

続きを読む

まずは彼のお母さんに会うことに

2年の交際を経て彼からプロポーズがあり、双方の両親へ挨拶に行くことになった私たち。しかし、私も彼も、相手の親と顔を合わせたことがありませんでした。

 

最初に向かったのは彼の実家です。彼はひとり親で、お母さんだけに挨拶することになりました。「構えなくていいよ~」と彼は言うけれど、私は緊張でガッチガチ! それなのに彼はあまり会話のフォローに入ってくれず、私はお母さんとほぼマンツーマンで会話せざるを得ない状況に追い込まれ、私は最後まで緊張しっぱなしでした。

 

そのうえ当時の私は、恥ずかしいことに「釣書」の存在を知らなくて……。お母さんから釣書を渡されたときには「しまった!」とプチパニックになってしまい、シドロモドロに! 後日、釣書を添えた手紙をお母さんに送り、埋め合わせをしました。

 

続いては私の実家へ。そこでも…

なんとか私が挨拶を終えたら、今度は彼が私の家族に挨拶をする番。彼もまた、ものすごく緊張していたようでした。私は、自分の経験をふまえて、彼と家族との会話を繋げることに専念。しかし、私は双方の会話を気にするあまり、それ以外の気遣いを怠ってしまったのです。

 

当時、季節は春。外では木陰に入ると少し肌寒く感じますが、室内なら暖房がなくても快適に過ごせる気温でした。だけど必要以上に暖かくなっていた部屋で、出されるがまま熱い紅茶を飲み続けたジャケット姿の彼は、いつの間にか汗だくに!

 

彼曰く、「ジャケットを脱ぐと、だいぶラフな格好になってしまうからよくないかも」と思い、脱ぐに脱げなかったとのこと。「汗だくになって恥ずかしい思いをしてしまった……」と言っており、顔合わせに同席していた私の姉にも「あなたがもっと彼を気にしてあげるべきだった。家族との会話に浮かれすぎ」と後で指摘されました。

 

それでも、彼のお母さんは私のことを「とても真面目で、ルーズなあなたを引っ張ってくれる素敵な方だね」と言ってくださったようですし、私の両親も彼について「とても緊張されていたけど誠実な好青年だね。素敵な人と出会えてよかったね」と言ってくれたので、ハプニングはあったものの、どうにか良い結果に終わることができました!

 

 

パートナーの親に挨拶するとなれば緊張するのは当たり前ですが、できればハプニングよりも、楽しい時間を過ごせたという形で記憶に残したかったです。

 

「釣書の存在は事前に知っておきたかった」「彼にもっと会話に入ってほしかった」「彼自身にも気を配るべきだった」と、後で振り返ってお互いに反省した出来事でした。

 

原案/三宅 明日香さん

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP