「私だ…!!」ネットで知ったモナリザ症候群に自分がピタリと当てはまり… #アラフィフの日常 69

「アラフィフの日常」第69話。イラストレーター&漫画家のフカザワナオコさんによる、アラフィフ女子の日常を描いたマンガ連載。ネットをさまよっていて「モナリザ症候群」という言葉を知ったフカザワさん。調べていくと思い当たることがありすぎて……。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

モナリザ症候群に自分が当てはまっている…!

アラフィフの日常 69

 

こんにちは、フカザワナオコです。

 

ネットをさまよっていて「モナリザ症候群」という言葉を知りました。

ちなみにあのモナリザとは関係ないらしいです。

 

私が見たいくつかのサイトによると、Most Obesity KNown Are Low In Sympathetic Activity.(Google翻訳によると「知られているほとんどの肥満は交感神経活動が低いです」の意味)の、頭文字から取って「モナリザ症候群」と言うんだそう。

 

要するに、日々のストレスとか不規則な生活の積み重ねで、自律神経が乱れて、おのずと太りやすい体になるってことですかね……。

 

あぁ、まさに自分のこと!!!

 

そうだよなー。

規則正しい生活を送って心身ともに健やかでいたら、無駄にお菓子を食べたりお酒を飲んだりもしないだろうし、自然と健康的な生活になって太ったりもしないんだよなー。

 

なんだかすっごく基本なことすぎて、同意しかないわ!

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターフカザワ ナオコ

    イラストレーター&漫画家。コミックエッセイを主に描いている。新刊は「マンガで一番やさしくわかる!iDeCoの始め方入門」。絵日記ブログ「ひとこま作者」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶