もう分娩室にいるのに便意が!もはや陣痛か腹痛かわからず、トイレに座ったまま動けなくなって…!?

分娩室に入り、いよいよ出産……と、その前に便意が。呼吸を整え、おなかの痛みに耐えながらいざトイレへ! そこで私は思いもしなかったい経験をすることに……。今回はそんな私の初出産エピソードをお話しします。

 

便意が来て、分娩室からトイレへ…

分娩室に入り、おなかの痛みに耐えながらいきみ逃しをしていました。子宮口が7cmになり、さらにおなかの痛みも増してきます。いよいよ出産!と思った矢先に便意が。

 

助産師さんに伝えると、内診をしたあとトイレに行くことをすすめられました。心のなかでは、「こんな状況でもトイレに行かないといけないのか」と不安でした。それでも我慢できそうにないので、トイレに行くことを決断。呼吸を整え、おなかの痛みに耐えながらふらふらとトイレに行きました。

 

トイレに座ったまま動けない

用を足したのはいいものの、トイレに座っている間にも陣痛の間隔が短くなってきました。そのため、おなかの痛みが便意なのか、陣痛の痛みなのかわからなくなってきました。便意だろうとトイレに座っていましたが、もう何も出ません。しばらくして、助産師さんが心配になって声をかけてくれたのですが、トイレに座ったままなんと20分くらい経っていたのです。

 

陣痛の痛みで動けなくなっていたため、その様子を見た助産師さんが、慌てて分娩台まで連れて行ってくれました。そして分娩台に座ると、子宮口は全開大になっていました!

 

出産と同時にまさかの…!

子宮口が全開大になっていたので、助産師さんと先生が来てくれました。いきみ逃しも終わり、ようやく思いっきりいきんでもいい状態に! 私はうれしくなり思いっきりいきみ、無事に赤ちゃんに会えました!

 

しばらくして育児にも慣れてきたころ、出産に付き添ってくれた母から聞いたのですが、出産のときに赤ちゃんと同時にうんちが出ていたようです。ただ、今となってはその話を「恥ずかしい」というより、「仕方がないよね」という気持ちで聞くことができました。出産の痛みに耐えたことや、赤ちゃんに会えた喜びのほうが上回っていたのです。

 

 

実際に出産直前に便意がくると、とても焦ってしまいました。トイレに行って動けなくなったとき、声をかけてくれた助産師さんには本当に感謝しています。うんちが出産と同時に出て恥ずかしい気持ちもありましたが、陣痛を乗り越え、赤ちゃんが誕生した感動のほうが大きかったので、今では仕方がないことだと思っています。

 

監修/助産師REIKO


著者:北川さくら

3歳の男の子、2歳の双子の女の子を子育て中のママ。保育士資格、幼稚園教諭免許を保有。自身の経験をもとに妊娠、出産、育児の体験談を執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    医療の新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶