2022年上半期のトレンドの名前は?自然や青さを表す名前が人気、1位は?男の子のよみランキング

2022年上半期に誕生した赤ちゃんの名前を大調査! 今回は、男の子の名前で特に人気だったよみランキングTOP15をご紹介します。

 

続きを読む

1位 はると

2022年上半期の男の子で最も多かった名前のよみは、「はると」でした! 「陽翔」「陽斗」といった漢字で名づけられています。2021年のよみランキングでも1位にランクインしており、「陽翔」という名前は上半期1位、2021年2位と、近年人気の高い名前です。

 

「はる」というよみは「春」を連想させ、あたたかく明るい印象を与えます。「と」という止め字を用いることで、きりっとかっこいい男の子のイメージに。

 

2位 ゆいと

2位にランクインしたのは、「ゆいと」。2021年のよみランキングでは7位でした。「結翔」という名前が特に人気のようです。

 

「ゆい」というやさしく可愛らしい印象のある音に、「と」という止め字を組み合わせることで、やさしさと力強さが融合した名前になっています。

 

3位 りく

「りく」が、上半期の男の子のよみ3位にランクイン。主に「陸」という漢字で名づけられており、「りく」というよみは2021年も2位に入っている大人気のよみです。

 

「りく」は「大陸」を連想させ、広く雄大なイメージや、強い生命力を感じさせます。

 

4位 はるき

4位は「はるき」。「春輝」「悠希」といった名前で名づけられていました。2021年のよみランキングでは6位に入っています。

 

あたたかく明るい「春」を連想させる「はる」というよみに、「き」という止め字を組み合わせることで、賢くシャープな印象も与えます。有名人では、作家の村上春樹さんが同じよみで活躍されています。

 

5位 そら

2022年上半期、5位にランクインしたよみは「そら」でした。「蒼空」という名前が特に人気で、上半期の名前ランキングでも5位に入っています。「そら」というよみは、2021年のよみランキングでは13位です。

 

広く大きな「空」を連想させ、「のびのびと大きく育つように」といったパパ・ママの願いが感じられます。男の子だけでなく、女の子にも名づけられることの多い「ジェンダーレスネーム」の一つです。

 

6位 ひなた

6位にランクインしたのは、「ひなた」でした。「陽向」「陽太」「陽大」といった漢字で名づけられています。2021年のよみランキングでは11位ですが、毎年春から夏にかけて多く名づけられる傾向があります。

 

2022年上半期女の子のよみランキングでも、14位にランクインしている「ジェンダーレスネーム」でもあります。

 

日の当たる場所、明るい場所を示す「日向」を連想させ、明るく穏やかな印象に。「陽」という漢字を使った名づけが人気です。

 

7位 あおと

7位にランクインしたのは「あおと」。2021年のよみランキングで4位、2020年は9位と、年々人気が高くなっているよみです。「碧斗」「碧人」といった漢字が人気です。

 

「あお」という響きはア行が連なり、大らかで開放的な印象に。また、「青」を連想させ、空や海などの雄大さや爽やかさをイメージさせます。

 

8位 みなと

「みなと」が上半期のよみ8位にランクイン。2021年のよみランキングでは3位、2020年は2位と、毎年安定した人気を誇るよみです。「湊」「湊斗」といった漢字で名づけられています。

 

「みなと」は、水上航路の集まる場所を表す「湊」を連想させ、「人気者になりますように」と願ってつけるパパ・ママも多いようです。海の爽やかさや雄大さも感じさせます。

 

9位 そうた

9位にランクインしたのは、「そうた」でした。2021年のよみランキングでは5位にランクインしており、「颯太」「蒼太」といった漢字で名づけられています。

 

爽やかな印象を与えるサ行で始まり、安定感や男らしさのある「た」という止め字で終わることで、バランスの良い名前に。有名人では、棋士の藤井聡太さんや俳優の福士蒼汰さんが活躍されています。

 

10位 はる

2022年上半期の10位のよみは、「はる」でした。2021年のよみランキングでは15位にランクイン。女の子のよみランキングでも45位に入っている「ジェンダーレスネーム」です。

 

「暖」「悠」「晴」「陽」といった漢字で名づけられており、どれも明るく穏やかであたたかい印象の漢字ばかり。まさに「春」の陽気を感じさせ、毎年上半期に人気の高い漢字です。

 

11位 ゆうと

「ゆうと」が、上半期のよみランキング11位にランクイン。「悠人」「悠斗」といった漢字で名づけられています。2021年のよみランキングでは8位でした。

 

「ゆう」という響きが、やさしく伸びやかな印象。そこに力強い止め字の「と」を組み合わせることで、バランスの良いよみになっています。有名人ではサッカー選手の長友佑都さんや、タレントの中島裕翔さんが同じよみで活躍されています。

 

12位 あおい

12位にランクインしたのは、「あおい」。2021年は9位にランクインしており、「碧」「蒼」といった名前が特に人気です。2022年上半期女の子のよみランキングでも、9位にランクインしています。

 

「あおい」というよみはすべての音がア行で成っており、開放的で呼びやすい名前に。大らかで穏やかな印象を与えます。

 

13位 そうま

13位にランクインしたのは、「そうま」でした。2021年のよみランキングでは10位。「颯真」という名前が特に人気のようです。

 

爽やかな印象のある「そう」という響きに、「ま」という安定感のある止め字を組み合わせることで、包み込むような落ち着きを感じさせる名前に。

 

14位 いつき

「いつき」が14位にランクイン。「樹」という漢字が特に人気で、2021年のよみランキングでも14位に入っていました。

 

「樹」という漢字を一文字で用いることで、潔く凛とした印象があります。また大樹を連想することから、どっしりと安定感のイメージに。

 

15位 あお

2022年上半期、15位にランクインしたよみは「あお」でした。「碧」「蒼」といった漢字が特に人気です。2021年のよみランキングでは33位でしたが、これからさらに人気が高まりそうな注目のよみです。

 

「あお」というア行を連ねた響きが大らかで開放的な印象を与え、爽やかで美しい「青」も連想させます。

 

このほか、16位から30位までの【上半期名前ランキング】の結果は、以下の通りです。

 

2022年上半期に誕生した男の子の名前のよみには、太陽の光、そして海や空の「青」を連想させるよみが多くランクインしていました。また、「そら」や「ひなた」といった男女どちらにも名づけられている「ジェンダーレスネーム」が上位に多数ランクインしており、注目の高さがうかがえました。これからの名づけの参考にしてみてくださいね。

 

 


<調査概要>

調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」「ベビーカレンダー全員プレゼント」のサービスを利用された方
調査期間:2022年1月~6月、各月1日~25日
調査件数:調査件数:61,218件(男の子:31,038件/女の子:30,180件)

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 名前ランキング検索

    ベビーカレンダーが独自で調査・集計した2017年以降に生まれた赤ちゃんの名前データの中から、知りたい名前の順位、よみの順位、漢字の順位を見ることができます。

    NEW!【名前で検索】【よみ方で検索】が名前の一部で検索できるようになりました!

    関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP