「やっとラクになれる…!」そう思ったけれどこのままじゃ出産できないことがわかって…【体験談】

妊娠38週5日を迎えたある日。自宅でくつろいでいると、バシャっと水が出る感覚が……。この破水から、私のドタバタ出産劇が始まりました。

畳で破水…

妊娠38週5日を迎えた午後。ちょうど2週間前、新居に引っ越ししたところだったので、やっと落ち着いて暮らせるようになった矢先でした。この日、「胎動もあるし、初産だし、出産はもうちょい先かな〜」なんて考えながら、和室でゴロゴロしていました。

 

しかし突然、体から「バシャッ」と大量に水が出る感覚があり、血の気が引きました。「破水した! 大変!!」と思い、慌てて産院に向かう準備をしているところで、気が付きました。私のお股から出た水で、畳がびしょびしょになってしまったのです……。

 

お産がなかなか進まず…

いよいよわが子に会えるワクワク感と、新居の畳が汚れてしまった悲しみが混ざり合い、何となく複雑な気持ちで診察台に上がりましたが、子宮口がほとんど開いていませんでした。しかも、翌日になっても陣痛の間隔が狭くならず……。そこで陣痛促進剤の力を借り、お産を進めることになりましたが、そこから地獄のような時間が始まりました。
 

 

このままでは赤ちゃんが産めない…?

前日の比ではない痛みが、ひっきりなしに襲ってきます。あまりの痛さに叫び声が止まりませんでした。それでも薬のおかげでお産はどんどん進み、ついに「いきんで!」と助産師さんからの声がかかりました。

 

「やっとラクになれる……!」痛みから逃れたい一心で必死に力を込めましたが、なかなか状況が変わりません。助産師さんたちが首をひねりながら、内診をすると、その表情が変わりました。なんと子どもの曲げた腕が引っかかっており、このままでは産めないことがわかったのです。

 

急きょ帝王切開で出産することに

急きょ、帝王切開の処置が取られることになり、私は手術室へと運ばれました。突然の展開にとても驚きましたが、「子どもに会うためだ」と腹をくくりました。通常、帝王切開の場合は下半身のみに麻酔が使われ、母親の意識のある状態でお産が進んでいきます。もちろん私もその予定だったのですが、麻酔がまったく効きません。仕方なく全身麻酔へと切り替えられ、私は眠ったまま、子どもを出産したのでした。
 

「お産は命がけ」

トラブル続きのお産でしたが、子どもは元気いっぱい! 今もすくすくと成長しています。一方で私は、帝王切開で出産したため、1年間の避妊と、次回も必ず帝王切開で出産することを医師から言い渡されました。「出産は何が起こるかわからない」「お産は命がけ」。まさにその通りだと身を持って感じた出産体験でした。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:坂本 ゆう

約3年の不妊治療を経て、令和4年に男の子を出産。「人と比べず、マイペースに!」をモットーに、初めての育児に日々奮闘中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶