「胃が痛すぎて眠れない!」初めての胃カメラでわかった驚きの診断結果は…【体験談】

45歳のころに、初めて救急車を呼ぼうかと迷うほどの強い胃の痛みを経験しました。痛すぎて夜も眠れず、夜間救急の相談ダイヤルに電話しました。が、迷った末に結局は朝になってから内科を受診。初めて胃カメラを経験しました。それでわかった胃痛の原因は……。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

45歳、頻繁に胃が痛くなる

若いころから、胃が痛いなと思うことは時々ありましたが、食べ過ぎや飲み過ぎが原因と思われる一時的なものでした。胃薬を飲めばすぐに回復することが多く、あまり気にしていませんでした。

 

ところが45歳のとき、それまでとは違う胃の痛みを感じました。初めて自覚したのは仕事中です。10秒くらいぎゅーっと胃をつかまれるような痛みがあり、それが断続的に続きました。仕事中だったので、ストレスのせいだと思っていました。

 

それからなんとなく胃が痛い日が続いたので、市販の胃腸薬を時々飲んでいました。仕事中や寝る前に特に胃の痛みを強く感じることが多かったです。痛くて嫌だなと思いながらも仕事が忙しく、病院へ行くのは後回し。そんな日々が1カ月ほど続きました。

 

人生最大級の胃の痛みを経験

時計の画像

 

そしてある日、普段通りに家で夜ごはんを食べ終わった後に、これまでにはない強い胃痛を経験しました。立ったり座ったりするのがつらいくらい痛く、ソファに横になってどうにか痛みに耐えていました。胃の辺りを踏みつぶされるような強い痛みが30秒~1分くらい続き、少し痛みがひいたかなと思うと、さらに次の痛みの波が来ます。陣痛を思い出すような痛みでした。

 

夜中になっても痛みは治るどころかどんどん強くなっていきます。痛すぎて眠れず、これまで経験したことがないような痛みに不安になりました。救急車を呼ぶことも一瞬考えましたが、命に関わるほどのことではなさそうな気もします。とりあえず24時間対応の救急医療情報センターに電話してみることにしました。

 

電話をしたのは夜中の2時ころです。相談してみると、普通に呼吸ができていて背中など他のところが痛くないなら救急車は呼ばなくて良さそうとのことでした。夜間救急での診察は混んでいて、すぐに行っても2~3時間待ちと言われました。すぐに診察してほしい気持ちもありましたが、遠くの病院まで行って数時間待つのもつらそうです。家でごろごろしながら、朝まで我慢することにしました。

 

 

初めての胃カメラを経験

病院での診察のイメージ

 

痛みで一睡もできず、近所の内科が開くのを待って朝一番で診察してもらいました。不思議なもので、病院へ着いた安心感からか、夜中よりは痛みが軽くなっていました。診察ではまず、食べたものを聞かれました。最初は食中毒を疑われたようです。でも、特に食中毒の原因になりそうなものは食べていません。急きょ、胃カメラ検査をすることになりました。

 

初めての胃カメラで不安だったので、麻酔をして胃カメラを入れてもらいました。寝ている間に撮影は終わり、目覚めたら病院のベッドの上。麻酔のせいか、寝たのがよかったのか、このときには胃の痛みはだいぶ治っていました。

 

胃カメラ診断の結果、医師から告げられたことに驚きました。私の胃の中には胃潰瘍になったあとの痕跡が写っていたそうです。痕跡は比較的新しくはっきりしたもの1つと、回復が進み薄くなっているものが2つありました。軽い胃潰瘍が自然治癒したようだという診断でした。進行中の胃潰瘍ではなく、もう痕になっている状態なので、これからさらに痛みがひどくなることはなさそうだとのこと。

 

医師によると、更年期には自律神経の働きが乱れ、胃の機能も弱ることがあるそうです。胃の粘膜の修復を助けるお薬をもらい、帰宅することになりました。痛みを我慢せずに、胃痛が続いた段階で受診するべきだったと思いました。その後、しばらくは軽い痛みを感じることがありましたが、3週間ほど薬を飲み続けて回復しました。

 

まとめ

眠れないほどの胃の痛みは本当にきつかったです。初めての胃カメラは麻酔をしている間に終わったのでラクでした。胃カメラの結果、いつの間にか胃潰瘍になっていて、しかも自然治癒した痕ができていたとは驚きでした。これからは痛みを我慢し過ぎず、早めに病院へ行くことにします。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:もめん

高校生の娘が1人の働く母。世界中のおいしいものが食べたい。特に甘い物が好き。おいしく食べるために常にダイエット中。食べること以外の趣味は、語学学習、読書、ヨガ、散歩。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶