「総画数がすごいことに…」納得いく名づけがしたくでこだわり抜いた結果…!?【体験談】

子どもへの最初のプレゼントとなる名前。画数、漢字、読み仮名、意味などいろいろこだわっていたら、たどり着いた理想の名前はパパを超えてしまって……。 賛否両論の、わが家の名付け体験談です。

 

もともと画数の多い名前だったけれど…

夫は、苗字だけで30画を超える名前の持ち主。フルネームの実印はまるでマスクメロンの編み目のような複雑さです。なので、「子どもの名前は画数が少ないほうがいいなぁ」とぼんやり考えていました。

 

第一子は男の子だとわかってから、名付けの本を買ってみたり、姓名判断のサイトを見たりしましたが、なかなか決まりません。 苗字が変わることはあまりないだろうから、「画数がいい漢字を使いたい」「夫の名前から一文字取りたい」というこだわりがもともと強くありました。

 

それに加えて、人と助け合って生きていける子に育ってほしいから、「人と関わるうえで大切にしたいことを名前に入れたい」という想いがありました。 
 

 

こだわりぬいた名前は総画数67!?

いろいろ考えていると、漢字を当てるより先に読み仮名が決まってしまい、あとから漢字を当てはめることに。これがとても大変で、使いたい漢字が苗字の画数と相性が悪いパターンもかなり多くありました。

 

産休に入ってからも、毎日のように名付け本とにらめっこ。夫の名前から一文字取って、画数もよくて、人と関わるのに大切なことを入れて……。最終的に、出産1週間前くらいまで悩みました。 

 

そうして決まった名前は、総画数が67。夫の総画数が64なので、夫を超えてしまったのです。 とはいえ、たくさんの想いが詰まった名前なので、画数の多さには目をつぶって、最終決定としました。
 

 

親のエゴかもしれないけれど、幸せを願う気持ちは一緒

名付けについては、周囲からやはり賛否両論ありました。

 

本人は今まだ4歳で、漢字で自分の名前を書くことがないので何も言ってきませんが、「親のエゴが過ぎたかなぁ」と自分で思うことがあります。それでもみんなから名前を呼んでもらう姿を見るたび、子どもの名前はこれでよかったなと思います。

 

 

とはいえ第二子の際には、少しこだわりを手放し、画数が多くなく、でもよい画数にするということに重点を置きました。どちらの子の名前も、末永い幸せを願うことに変わりはありません。
 

 

監修/助産師 REIKO

 


著者:柳 蓮花

4歳、0歳の二児の母。第二子出産を機に退職し、現在は在宅ワークの道を模索しつつ、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶