「あれっ、どうして?」過敏性腸症候群になり、処方された薬を飲んでいたらまさかの… #熟女系 66

「熟女系」第66話。40代熟女として日常に起こるあれこれをマンガにしているフワリーさんによる連載マンガ。突然腹痛に襲われたフワリーさん。いろいろな科を受診し、ついに過敏性腸症候群だと判明。新しい病院で処方された薬を飲み始めたのですが……。

この記事の監修者

医師窪田 徹矢 先生

くぼたクリニック松戸五香院長。獨協医科大学医学部卒業。千葉医療センター、成田赤十字病院で研修を積み、国保松戸市立病院泌尿器科に勤務。その後千葉西総合病院泌尿器科にて医長、部長を歴任。2017年、くぼたクリニック松戸五香を開業。日本泌尿器科学会専門医・指導医。専門医である泌尿器科および皮膚のトラブル、生活習慣病を含めた内科まで幅広く診察。メディア出演も多数あり、医者YouYuberとしての情報発信もおこなっている。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
4 クリップ

 

過敏性腸症候群だと判明し、処方された薬を飲み始めたら…

熟女系 66

熟女系 66

熟女系 66

 

熟女系 66

熟女系 66

 

こんにちは、フワリ―です。

 

新しい病院で処方された薬を飲んでいたのですが……。

おなかが張って、コロコロの硬い便になり、ちょっとつらくなるというまさかの展開に。

 

2週間後、先生にその旨を話しました。

 

先生はこの状態を聞いて、便がカチカチにならないお薬を処方してくださいました。

 

これが私にぴったり合い、下腹部痛を感じることもなくなり、便通も順調になりました。

 

そして、体調良ければ薬をやめて様子を見てもいいと言われて、その後服用をやめました。それから1年になろうとしています。

 

ただ過敏性腸症候群は回復しても、また再発することがあるようです。

そこで、予防のためにできることとして「しっかり食べて、軽い運動、睡眠を取る」ことを先生から教えていただきました。

 

これらは簡単なようで、忙しくしているとついついおろそかになりがちです。ですから意識しておこなうようにしています。

 

長く続いたコロナ禍ですが、自分では気付かないうちにストレスをため込んでいたのかもしれません。

今は少しずつ制限も緩和され活動範囲も広がってきてよかったなと思います。

 

皆さまも、ご自愛ください。

そして心も体も健康で、笑顔でいたいものですね。

 

------------------------

現在は、「しっかり食べて、軽い運動、睡眠を取る」ことを意識しているというフワリーさん。このまま再発することなく過ごせるといいですね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターフワリー

    会話の中で「あれ、これ、その…」がひどくなった40代熟女。2児の母。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶