記事サムネイル画像

子育て中のイライラを義母に相談したところ、胸に刺さる言葉が返ってきて… #虐待しかけた話 6

「虐待しかけた話」第6話。妹のとんちゃんが生まれると、長女のうーちゃんはちりさんに甘えるようになりました。ちりさんは、夜、寝るときのうーちゃんのリクエスト「座ってトントン」に応えていましたが、次第に疲弊していきました。

そしてある日、ちりさんのイライラは爆発し、力任せにトントンしてしまったのです。それからは後悔と反省をするものの、何度も繰り返し怒ってしまうちりさん。育児書を読んだりして試行錯誤をしていました。

アニメに出てきたネネちゃんママのように、イライラしたらクッションをボコボコに殴ることで、ストレスが緩和できるように。

 

それでも小さなイライラがまだまだ続いていたちりさん。義母に相談してみることにしました。すると義母から返ってきた答えが……!?

義母の言葉

#虐待しかけた話 6

 

#虐待しかけた話 6

 

#虐待しかけた話 6

 

#虐待しかけた話 6

 

#虐待しかけた話 6

 

#虐待しかけた話 6

 

#虐待しかけた話 6

 

#虐待しかけた話 6

 

#虐待しかけた話 6

 

育児書を読んで、試行錯誤をしているものの、小さなイライラがまだまだ続いていたちりさん。

 

義母に相談してみました。

 

すると義母は、「3歳なんてみんなそんなもんよ。家だとみんなわがままで甘えん坊になるもんよ」と笑ってあっけらかんと言うのです。

 

さらにちりさんの胸に刺さった言葉がありました。それは、

 

「まだたったの3年しか生きてないんだからね」

 

というもの。

 

まだたったの3年しか生きていないと思うことで、ちりさんは以前よりもうーちゃんをやさしく見守れるようになりました。うーちゃんもまた、穏やかに過ごせるように。

 

しかし、ちりさんの悩みは「これで解決」、とはならなかったのです……。

 

◇  ◇  ◇

 

イヤイヤ期で子どもに手を焼き、イライラしてしまうママやパパは多いと思います。そんなときは、ちりさんの義母のように「まだたったの3年しか生きていないんだ」と考えると、わが子も頑張っているんだなと、いつもよりおおらかな気持ちで見守れるのかもしれませんね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターちり

    2児のママ。幼稚園の先生をしていますが、育児に悩んでいます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    3 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →