ちりの記事

マンガ家・イラストレーター

ちり

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

2児のママ。幼稚園の先生をしていますが、育児に悩んでいます。

Instagram:@chiri_chi_ld

ブログ:「ちりちるど」

連載(1)
虐待しかけた話
幼稚園の先生であり、3歳のうーちゃんと、0歳のとんちゃんの姉妹ママ、ちりさん。とんちゃんが産まれると、うーちゃんはちりさんに甘えるように。周りから「上の子を優先した方が良い」と聞きうーちゃんの気持ちに寄り添い続けましたが、ストレスが溜まっていきました。そしてある日、ちりさんのイライラが爆発してしまいます。 虐待報道を見るたびに、「わが子に虐待するなんてありえない」と思っていたちりさん。「自分がまさか、こんなことをしてしまう日がくるなんて……」と悩むちりさんのリアルな育児マンガを紹介します。
記事(9)
まさか私がわが子に虐待しかける日がくるとは、思ってもいなかった…。でも… #虐待しかけた話 最終話
「虐待しかけた話」最終話。妹のとんちゃんが生まれると、長女のうーちゃんはちりさんに甘えるようになりました。ちりさんは、夜、寝るときのうーちゃんのリクエスト「座ってトントン」に応えていましたが、次第に疲弊していきました。 そしてある日、ちりさんのイライラは爆発し、力任せにトントンしてしまいました。後悔と反省をするちりさん。しかし、イライラをコントロールするのは難しく、何度も繰り返し怒ってしまうため、育児書を読んだり義母に相談したりして試行錯誤するように。 穏やかに過ごせるようになったと思えば、とんちゃんの成長と共にうーちゃんもとんちゃんに手を出すようになったりしてしまい、またイライラしてしまいます。
「なんだそんなことか…」と思ったけれど結局役に立った、私が見つけた子育てのヒントとは… #虐待しかけた話 8
「虐待しかけた話」第8話。妹のとんちゃんが生まれると、長女のうーちゃんはちりさんに甘えるようになりました。ちりさんは、夜、寝るときのうーちゃんのリクエスト「座ってトントン」に応えていましたが、次第に疲弊していきました。 そしてある日、ちりさんのイライラは爆発し、力任せにトントンしてしまいました。後悔と反省をするちりさん。しかし、イライラをコントロールするのは難しく、何度も繰り返し怒ってしまうため、育児書を読んだり義母に相談したりして試行錯誤するように。
「まずい、おかしくなってしまう」上の子へのイライラが再び止まらなくなってしまった私は… #虐待しかけた話 7
「虐待しかけた話」第7話。妹のとんちゃんが生まれると、長女のうーちゃんはちりさんに甘えるようになりました。ちりさんは、夜、寝るときのうーちゃんのリクエスト「座ってトントン」に応えていましたが、次第に疲弊していきました。 そしてある日、ちりさんのイライラは爆発し、力任せにトントンしてしまったのです。それからは後悔と反省をするものの、何度も繰り返し怒ってしまうちりさん。育児書を読んだりして試行錯誤をしていました。 それでも小さなイライラがまだまだ続きましたが、あるとき、義母から「まだたったの3年しか生きていないのだから」と言われ、ちりさんはうーちゃんのイヤイヤを温かい目で見守れるように。
子育て中のイライラを義母に相談したところ、胸に刺さる言葉が返ってきて… #虐待しかけた話 6
「虐待しかけた話」第6話。妹のとんちゃんが生まれると、長女のうーちゃんはちりさんに甘えるようになりました。ちりさんは、夜、寝るときのうーちゃんのリクエスト「座ってトントン」に応えていましたが、次第に疲弊していきました。 そしてある日、ちりさんのイライラは爆発し、力任せにトントンしてしまったのです。それからは後悔と反省をするものの、何度も繰り返し怒ってしまうちりさん。育児書を読んだりして試行錯誤をしていました。
「子どもに手を上げるくらいなら…」本に書いてあった衝撃の言葉。さっそく実践してみると… #虐待しかけた話 5
「虐待しかけた話」第5話。妹のとんちゃんが生まれると、長女のうーちゃんはちりさんに甘えるようになりました。ちりさんは、夜、寝るときのうーちゃんのリクエスト「座ってトントン」に応えていましたが、次第に疲弊していきました。 「横になってもいい?」と言っても首を縦に振らないうーちゃん。ある日ちりさんのイライラは爆発し、力任せにトントンしてしまいました。それからしばらくして少しずつうーちゃんのリクエストが緩和され、落ち着いてきました。
「どうしてわが子に…」後悔と反省をして、直後はやさしくするのに、なぜかまた繰り返す私… #虐待しかけた話 4
「虐待しかけた話」第4話。幼稚園の先生であり2児のママであるちりさんが、わが子に虐待しそうになって悩んだ実体験をマンガで紹介します。 妹のとんちゃんが生まれると、長女のうーちゃんはちりさんに甘えるようになりました。ちりさんは、夜、寝るときのうーちゃんのリクエスト「座ってトントン」に応えていましたが、次第に疲弊していきました。「横になってもいい?」と言っても首を縦に振らないうーちゃん。ある日ちりさんのイライラは爆発し、力任せにトントンしてしまいました。
イライラが爆発して力任せに…。1人になって気落ちを落ち着かせ、娘のところに戻ると…!? #虐待しかけた話 3
「虐待しかけた話」第3話。幼稚園の先生であり2児のママであるちりさんが、わが子に虐待しそうになって悩んだ実体験をマンガで紹介します。 妹のとんちゃんが生まれると、長女のうーちゃんはちりさんに甘えるようになりました。夜眠るとき、ちりさんに「座ってトントンして」と言うのです。「上の子を優先した方がよい」と聞いていたちりさんは、うーちゃんのリクエストに応えて、座ってトントンし続けました。
「わが子に虐待するなんてありえない」報道を見るたびにそう思っていた自分が、まさか… #虐待しかけた話 2
「虐待しかけた話」第2話。幼稚園の先生であり2児のママであるちりさんが、わが子に虐待しそうになって悩んだ実体験をマンガで紹介します。 妹のとんちゃんが生まれると、長女のうーちゃんはちりさんに甘えるようになりました。夜眠るとき、ちりさんに「座ってトントンして」と言うのです。「上の子を優先した方がよい」と聞いていたちりさんは、うーちゃんのリクエストに応えて、座ってトントンし続けました。しかし、次第に疲弊していきました。
「しんどい…」溜まっていたものが、ある晩、爆発してしまった理由は… #虐待しかけた話 1
「虐待しかけた話」第1話。幼稚園の先生であり2児のママであるちりさんが、わが子に虐待しそうになって悩んだ実体験をマンガで紹介します。 下の子が生まれると、上の子はちりさんに甘えるようになりました。上の子を優先した方がよいと聞いていたちりさんは、上の子に寄り添い続けました。
PICKUP

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶