記事サムネイル画像

「義祖父のお墓が…ない!」慌てて義両親に確認すると衝撃の事実が…!?

結婚当初は「義家族とはお互いに干渉しない関係でラクだなぁ」と思っていた私。でも、義家族があまりにも他人と関わらないせいで、お盆の季節にある珍事件が起こったのです……。

「義祖父のお墓が…ない!」慌てて義両親に確認すると衝撃の事実が…!?

「義祖父のお墓が…ない!」慌てて義両親に確認すると衝撃の事実が…!?

 

義祖父のお墓参りへ

夫と結婚して1カ月が過ぎ、お盆の季節がやってきました。一般的には、結婚したら義家族にお中元や暑中見舞いを贈ったり、義実家に帰省したりすると思います。でも、私の場合はそういった必要がまったくなく、義家族とはフランクながらも少し距離を置いたラクな関係をとっていました。

 

とはいえ、夫の祖父のお墓参りにはさすがに行くことに。

 

「大人数だと同じ車に乗れないから」と夫の提案で、義家族と私たちは別行動でお墓参りに行くことになりました。翌日からは大雨の予報が出ていたため、お盆初日に霊園に行ったところ、長蛇の列が。そのため、あまり良くはないと思いつつ、私たちは夜に墓参りに出直すことにしたのです。

 

お墓が…ない!?

そして、夜に墓参りにいくと夫が目を丸くしてキョロキョロし始めました。なんと、義祖父のお墓がきれいさっぱりなくなって砂利が敷き詰められていたのです! その場で夫がすぐ義家族に電話するも、「なくなってるなんてことはないと思うけど……」との回答。

 

しかし、改めて義両親が親戚に確認したところ、義父の弟が墓じまいの手続きをとっていたそうです。翌日にお墓参りに行った義家族は、本当に墓じまいされていることを自分たちの目で確認して、あぜんとしていました。

 

親戚内で墓じまいの相談すらしないなんて……と、私は心の底から驚きました。私の実家ではわりと親密な親戚付き合いがあったので、義家族の親戚との付き合い方に、とてもびっくりさせられたエピソードでした。

 

文/鈴木久美さん
作画/村澤綾香

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター村澤綾香

    少しずつ老化を感じ始めたアラフォーのイラストレーター。いろいろな雑誌、webにて挿絵を描いてます。2歳の息子がいる。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎