「いっそのこと忘れたい」病院にいる赤ちゃんを思うと、涙が込み上げてきて… #うちの子にはしっぽがついている 25

【うちの子にはしっぽがついている 第25話】妊娠中、医師から赤ちゃんが仙骨部分に巨大な腫瘍ができる仙尾部奇形腫(せんびぶきけいしゅ)と診断された、ゆーとぴあさん。その後、無事出産し、赤ちゃんの腫瘍を取る手術も終えました。術後、ゆーとぴあさんは医師から手術で摘出した腫瘍を見せてもらい、PICU(小児集中治療室)にいる赤ちゃんに会いに行くことに。ゆーとぴあさん夫婦は、赤ちゃんの様子を見ることができ、一安心しました。

この記事の監修者

医師松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
27 クリップ

母の息子への思い

産後の私の生活や心情は……。

 

うちの子にはしっぽがついている 第24話

 

うちの子にはしっぽがついている 第24話

 

うちの子にはしっぽがついている 第24話

 

 

うちの子にはしっぽがついている 第24話

 

うちの子にはしっぽがついている 第24話

 

うちの子にはしっぽがついている 第24話

 

 

うちの子にはしっぽがついている 第24話

 

うちの子にはしっぽがついている 第24話

咲太郎を思い出すと泣いてしまう。

 

だから、忘れたい。

 

けれど、忘れることはできず、むしろ夜になると咲太郎のことが心配になり、「今すぐそっちに行きたいよ」と咲太郎に会いたくなる。

 


毎日、病院にいる咲太郎くんを想って泣いていた、ゆーとぴあさん。

思い出すと泣いてしまうので、いっそのこと咲太郎くんを忘れてしまいたいと思うように。それでも、夜になると、咲太郎くんに会いに行きたくなります。

ゆーとぴあさんのように、赤ちゃんと離ればなれの状況になってしまって寂しさを感じたことがあるママもいるのではないでしょうか。

咲太郎くんが元気に退院して、ゆーとぴあさんと咲太郎くんが1日でも早く、一緒に過ごせる日がくるといいですよね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターゆーとぴあ

    男の子2人を育てるママ。長男くんは仙尾部奇形腫、次男くんは発達障害児。事実を基にした子育てに関するエピソードをマンガ化し、Instagramに投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶