「…味が薄いね」料理が超苦手な私。初めて手料理を振る舞うと夫は静まり返って

職場では料理ベタとして知られている私ですが、念願叶って30歳で結婚しました。料理が苦手であることは結婚前に夫に伝えた上で、新婚生活が始まった直後は、私なりに料理を頑張ってみました。しかし、調理師の夫にとって私が作った料理は想像以上の出来だったようで……。

「…味が薄いね」料理が超苦手な私。初めて手料理を振る舞うと夫は静まり返って

 

超料理下手の私が30歳で結婚!

実家暮らしをいいことに、30年間いっさい料理をしてこなかった私。当然、料理の腕などあるはずもなく、長年勤めている職場でも私の実力は有名でした。もちろん悪い方向で、です。

 

そんな私が30歳で結婚しました。お相手は、同じ養護老人ホームで働く調理師。料理が苦手なことは結婚前に伝えていましたが、結婚して実際に夫が目の当たりにした私の手料理は、想像以上だったようです。

 

苦手なりに頑張って料理を作ったら…

結婚して間もないころ、私は苦手なりに料理を頑張っていました。たま~にではありますが、夫に喜んでもらうためネットでレシピを調べて、夫が帰宅する前に夕飯を用意していたのです。

 

でも、初めて私の手料理を食べたとき、夫は「味が薄いね」と言ったきりノーリアクション。そして、それ以降は、私が頑張って料理を作っても、夫は「明日食べるから」と言ってまったく手をつけないのです!

 

最初こそ「あ、明日食べるのね」と、夫の言葉を素直に受けとっていましたが、実は夫がやさしく断っていたことに気づいたのは、数カ月経ってからです。いつしか夫は何も言わずに私の料理を残すようになり、私も「どうせ夫は食べてくれないから」と作るのをやめてしまいました。

 

 

料理のセンスがないことを自覚した私は、今ではあまり料理をしておらず、基本的に夫がほぼ毎日料理を担当してくれています。

 

夫の帰りが遅い日だけ、私は自分と子ども2人分の夕食を準備して先に食べるのですが、夫は夜遅く帰ってきた場合でも、自分自身の夕食は自分で作ります。その上で、翌日に子ども2人が持っていくお弁当も準備してくれます。私は掃除全般と子どものお世話がメイン。決めたわけではありませんが、自然とそうなりました。お互いに得意なことを担当すれば一人にかかる負担も減って家事や育児が効率的じゃないか! と、今は開き直っています。

 

文/あらいぐまさん

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶