「息子がいじめられてる…?」楽しそうに登校していたのに。本人に確認した結果!?【君が好き】10

「君が好き」第10話。ソウがレクトに声をかけたことをきっかけに、放課後の公園で遊ぶようになった2人。元々は違うクラスでしたが、3年生の新学期から同じクラスになりました。誰とでも気さくに話せるソウと、友だちの輪になかなか馴染めないレクト。ソウにとってレクトは友だちの1人にすぎませんが、レクトにとってソウは唯一の友だちでした。2人の関係には温度差があり、ソウが習い事を理由にレクトの誘いを断ったことをきっかけに、ソウはレクトから嫌がらせを受けるようになります。

レクトから、くつ箱に紙くずを入れられたり、足をかけて転ばせてくる嫌がらせを受けていたソウ。しかし、そんなことをされる理由が見当たらないソウは、誰にも相談せずにやり過ごしていました。

 

ある日、ソウは下校途中で雨に降られ、びしょ濡れで帰宅します。この日は、塾へ行く日。お母さんは、ソウを急いで着替えさせて塾へと送り出し、濡れた洋服を洗濯しようとしました。すると、ソウのポケットから“バーカ”と書かれた紙切れを見つけてしまいます。突然のことに動揺したお母さんは……。

 

息子がいじめられているなんて…

君が好き10

 

君が好き10

 

君が好き10

 

君が好き10

 

 

君が好き10

 

君が好き10

 

 

君が好き10

 

君が好き10

 

 

君が好き10

 

君が好き10

 

ソウのポケットから“バーカ”と書かれた紙切れを見つけた、ソウのお母さん。

 

「これが嫌がらせってやつ!? ソウは学校でいじめられてるの!?」

 

毎日楽しそうに学校に行っていたソウ。そんな息子が、いじめにあっているなんてまったく頭にありませんでした。

 

「でもこういうのって親に隠すって聞いたことあるし……」

 

とにかく、本人に確認しようと、塾から帰宅したソウに尋ねます。

 

「ソウ、学校でいじめられてたの?」

 

「いやいや、いじめられてないけど!?」

 

ソウは否定しますが、紙切れを見つけてしまった以上、納得のいかないお母さん。紙切れをソウに見せ、「何かあるなら教えてくれる?」と、さらに問いかけるのでした。

 

 

ソウの母親が不安に思うように、いじめなどが起きた場合、子どもは誰にも相談できず隠してしまうことがあるのかもしれません。子どもが1日の大半を過ごす学校で、つらい思いをしていたら、とにかく話してほしいと思うのが親心。どのようなことがあっても、親は子どもの味方です。多感な時期で難しいことも多いと思いますが、言いづらいことも話し合えるような親子関係を築けるのが理想ですよね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター愛すべき宇宙人

    中学生の長女、小学生の長男、アラフォー夫婦の4人家族です!日常のクスッとした笑いやホロリと涙するエピソードをInstagram(@aisubekiutyu_jin)からお届けしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    29 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶