「何かおかしい…」病院へ連れて行った方が良いと思った矢先に… #急性脳症 7

「突発性発疹から急性脳症になりました」第7話。3人の子どもを育てているサチさん。3人とも初めての発熱は突発性発疹が原因でした。なので、1番下の子が発熱したときも安易に考えていたら、まさかの事態になってしまい……?

この記事の監修者

医師松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
24 クリップ

週末、ずっと熱が下がらなかったヒカリちゃん。ずっと看病していたサチさんの疲労もピークに達してしまいました。月曜日になっても熱が下がらなかったら、夕方に病院に行くことに。

 

そして、月曜日。熱が下がらなかったのでヒカリちゃんは病院へ行くことになりました。しかしパパが帰ってくる夕方まで、サチさんはワンオペ状態です。

 

しばらくすると、ヒカリちゃんが泣き始めました。今までは抱っこをすると泣き止んでいたのに、抱っこをしていても泣き続けるようになってしまったのです……。

病院へ行く準備をするために、娘を布団に寝かせたら…

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

※生後6カ月を過ぎると、ママからもらった抗体の免疫力が下がってくるので、感染症にかかりやすくなります。発熱のみで活気があれば様子を見て、自宅で安静にして過ごさせて外出は控えましょう。3日を経過しても熱が下がらない場合は無条件で受診してください。

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

突発性発疹から急性脳症になりました7

 

泣き止まないヒカリちゃんの姿を見て心配になったサチさんは、今から病院へ連れて行くか迷いました。しかし、熱も下がっているし夕方にパパと一緒に病院に行ったほうが安心だと思い、午前中はなんとか抱っこで過ごしました。

 

そして、午後1時過ぎになると突然ヒカリちゃんが顔を真っ赤にして大声で泣き始めたのです。

 

「何かがおかしい、やっぱり病院へ連れて行こう……!」

 

そう思ったサチさんは、病院へ行く準備をするためにヒカリちゃんを布団へ寝かせました。

 

するとヒカリちゃん。ピタッと泣き止みガクガクと震え始めたのです。

 

◇   ◇   ◇

 

サチさんが恐れていた「けいれん」が、ついにヒカリちゃんの身にも起こってしまいましたね。旦那さんがいないときにけいれんが起きてしまい、サチさんも不安で仕方なかったのではないでしょうか。

 


ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターつきママ

    ワーママで3児の母。子育て、仕事、マンガを描くこと。どれも全力投球しています!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶