記事サムネイル画像

「いい加減にしろー!」趣味を始めた夫。しかし…家庭が大変なことに?!

趣味でランニングを始めた夫。はじめは健康な趣味だと思って応援していたのですが、気づいたときにはまさかの家庭崩壊の危機?! 夫の趣味がなぜそんなことになったのか、お話しします。

「いい加減にしろー!」趣味を始めた夫。しかし…家庭が大変なことに?!

 

ランニングにハマった夫

夫が趣味でランニングを始めました。あまりコストがかからないですし、健康につながると思い、私も全力でサポート。夫は仕事から帰ると近所を走ることが日課になり、ある日ハーフマラソンに出場すると思いがけず良いタイムが出たのです。そして、フルマラソンにも挑戦することになりました。

 

元々体育会系の夫は、フルマラソン出場に向けて練習を増やします。フルマラソンへの参加費は8000円ほどで、思ったよりも高くて驚きましたが年に1回程度だろう思い、楽観視していました。そして、初のフルマラソンではまたまた良いタイムが出て、夫はますますマラソンへのめり込むようになりました。

 

まず、出勤前に朝5時から走るようになり、休日もすべて練習にあてます。そのうちチームに所属し、練習会にも行き始めた夫。だんだんと私たちの生活がマラソン一色になっていったのです。夫と休日に出かけることもなくなり、私はしんどくなってきました。

 

夫が趣味に没頭し、家庭にも変化が…

そして夫がマラソンに熱中することでわかってきたのは、実はお金がかかる趣味だったということです。大会は1カ月に1~2回出場し、その都度宿泊費や交通費などがかかります。さらにチームでの練習会後はほぼ毎回打ち上げがあり、交際費もかさみます。ほかにも、ウェアやシューズにもこだわりはじめ、どんどんコストがかかるようになっていったのです。

 

また、走り過ぎて体が故障することもありました。医療費やマッサージ費、銭湯代などメンテナンス費も必要になり、夫はランニングのために稼いでいるのではないかと思うことも増えていきました。

 

どんな趣味もほどほどに?!

ついにはランニングのことで喧嘩をすることも多くなりました。健康のための趣味も、夫婦喧嘩を誘発してしまえば精神的によくありません。あまりの熱中ぶりに家庭が崩壊しかけ、焦った私は夫に加減をお願いしました。

 

大会に出る回数を減らしてもらうことや、生活すべてをマラソンにあてるのではなく夫婦の時間も大切にしてほしいことを伝えると、夫も納得してくれてランニングへの熱をコントロールするようになったのです。

 

 

趣味があると生き生きして良いですが、あまりにも趣味優先になってしまうと家庭に影響が出てしまいます。わが家はギリギリのところで食い止めることができましたが、結婚するときは夫の趣味についても、詳しく聞いておくことが大切だと実感しました。

 

著者/中井さくら

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →