記事サムネイル画像

「大きな味方でいること」娘の休職期間中、母としてしてあげられたことは #わが子が恋をしたとき 31

「わが子が恋をしたとき」第31話。3人のお子さんがいる50代のおーちゃんによる、子どもたちが恋をしたときの母としての心境をつづったマンガ。彼氏から一方的に別れを告げられたおーちゃんの長女は、体調を崩して会社を休職します。休職後は実家に戻ってきた長女でしたが、家族との何げない会話や、大学時代の先生からの励まし、地元の友だちと交流をしながら、少しずつ明るさを取り戻していきました。そして、休職期間が終わりに近づき、季節は寒い冬から春に向かおうしていて……。

2カ月の休職期間が残り1週間となったころ、長女がアパートの模様替えを手伝ってほしいと、頼みごとをしてきました。アパートは引き払うものだと思っていたおーちゃんは驚きますが、自分の力でリセットしたいと思っている長女の意思を感じて、何でも協力することを伝えます。

 

そして、春が訪れようとしていたある日、長女とおーちゃんは模様替えのため、2カ月ぶりに長女のアパートに戻ってきて……。

 

アパートの模様替えを手伝い思ったことは

わが子が恋をしたとき31

 

わが子が恋をしたとき31

 

わが子が恋をしたとき31

 

 

わが子が恋をしたとき31

 

わが子が恋をしたとき31

 

わが子が恋をしたとき31

 

 

わが子が恋をしたとき31

 

わが子が恋をしたとき31

 

わが子が恋をしたとき31

 

こんにちは、おーちゃんです。

 

寒い冬から春に向かう季節、娘の中では良いタイミングだったのかもしれません。

2カ月ぶりの長女のアパート、長女の愛車、それらがなぜか、長女を待ちわびていたかのように見えました。思い返せばこの2カ月、私が長女にしてあげたことは、この日の手伝いくらいだったように思います。

 

これからのことを相談されたわけでもないし、たとえ相談されても、気の利いたアドバイスなんてできなかったでしょう。ただ、2カ月前の長女を見た私にできたことといえば、いつでも長女の大きな味方でいることでした。

 

この日長女は、たくさんの思い出の品を処分しました。

それは同時に、今までの自分の整理をしたのだと、そう見えました。

 

 

春は、気持ちや環境をリセットするにはいい季節ですよね。休職期間中、長女にしてあげたことはこの日の手伝いくらい。そう、おーちゃんは言いますが、そんなはずはないですよね。2カ月間、おーちゃんたち家族が側で静かに見守って、支えていてくれていたこと、きっと長女にも伝わっていると思います。納得できる彼女なりの整理ができたようで、よかったです!

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターおーちゃん

    孫ラブおばさん。10歳年上の夫と2人暮らし。長女(29歳)、次女(27歳)、長男(24歳)の3人の母親で、6歳の孫を溺愛中。Instagramとブログで家族の話を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    15 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →