記事サムネイル画像

「とうとう私も…」助産師さんたちの協力に感謝でいっぱいになり…【巨大児と母の6日間 11】

「巨大児と母の6日間」第11話。2018年生まれの女の子(つむさん)と、2020年生まれの男の子(いとくん)のママ・ミロチ(@mirochi8989)さん。そんなミロチさんの息子さんは、なんと出生体重が4,452gの巨大児でした。出産を終えた直後のミロチさんと息子くんの6日間の入院生活をご紹介します!

助産師さんたちの手厚いサポートに…

4,452gの赤ちゃんを出産したミロチさん。

 

本来は出産2日目から赤ちゃんと同室で過ごす予定でしたが、ミロチさんは朝から頭痛に襲われていました。

 

夜までは何とかひとりでお世話していたミロチさんでしたが、頭痛は増す一方。

 

しかし助産師さんの気づかいで、2日目の夜はひとりでゆっくりと過ごすことになりました。

 

そして産後3日目……。

 

※医療スタッフのマスクは省略して描いています。

 

巨大児と母の6日間 11

 

巨大児と母の6日間 11

 

 

巨大児と母の6日間 11

 

巨大児と母の6日間 11

※あくまでもイメージです。

 

 

巨大児と母の6日間 11

※行った→言った

 

巨大児と母の6日間 11

 

 

巨大児と母の6日間 11

※母乳に育児に→母乳育児に

 

巨大児と母の6日間 11

 

巨大児と母の6日間 11

 

巨大児と母の6日間 11

 

お昼ごはんを食べながら『産後の生活』というDVDを視聴していた、ミロチさん。

 

ミルクの時間になり、助産師さんたちが手伝ってくれることに。

 

母乳を出すため、看護師さんの激痛マッサージに耐えて、4日目の夜。

 

ようやくミルク1回分をとることができ、ミロチさんの母乳育児への道が開いて行きます。

 

しかし、ミロチさんの体に異変が……。

 

◇   ◇   ◇

 

助産師さんたちの協力のおかげで、母乳育児への一歩を踏み出した、ミロチさん。

ミロチさんの「母乳育児がしたい」という思いに、こんなに真摯に向き合ってくれるのはうれしいですよね。

 

みなさんも、看護師さんや助産師さんからしてもらって「うれしいな」と感じた言動はありますか?

 


 

監修/助産師 松田玲子

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターミロチ

    2人の子ども(娘・息子)を育てながら、10歳年下の旦那くんと夫婦漫才のような日々を送っているお絵かき、漫画大好きなワーママ。 永遠に終わらないダイエット中。 インスタ、ブログで子育てを中心に日常の面白エピソードを描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    16 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶