記事サムネイル画像

「これからも大切な娘」結婚のあいさつに来た長女と彼氏に伝えた親の思い #わが子が恋をしたとき 41

「わが子が恋をしたとき」第41話。3人のお子さんがいる50代のおーちゃんによる、子どもたちが恋をしたときの母としての心境をつづったマンガ。人間関係などで体調を崩した長女はしばらく休職し、自分の意思で復職します。そのころに始まった新しい恋は順調で、同棲もスタート。その半年後、2人が改めて実家へ。そこで長女の彼氏が、ずっと一緒にいたい相手であることを伝えてくれます。長女に出会えたことと、その長女を産んでくれたことにも感謝され……。

緊張するおーちゃんたちでしたが、なごやかな雰囲気で食事会は進みます。そんな中、彼氏は長女とこれからも一緒にいたいと伝えます。そして、「娘さんに出会えてうれしい。大切な娘さんを産んでいただいてありがとうございます」と感謝の言葉まで。

 

おーちゃんは思わず涙し、長女が生まれたときのことを思い出し……。

 

長女が生まれたときを思い出すと

わが子が恋をしたとき41

 

わが子が恋をしたとき41

 

わが子が恋をしたとき41

 

 

わが子が恋をしたとき41

 

わが子が恋をしたとき41

 

わが子が恋をしたとき41

 

 

わが子が恋をしたとき41

 

わが子が恋をしたとき41

 

こんにちは、おーちゃんです。

 

「大切な娘さんを産んでいただいてありがとうございます」

そんなふうに言われて、思わず涙があふれました。

 

長女が生まれた日のことは、今でも鮮明に覚えています。

平成3年9月。

娘が生まれた日、みんなに祝福されて私は親になりました。

長女が誕生したとき、私は22歳。決してできた親ではありませんでした。

とても未熟で、反省ばかりの子育ての思い出の数々。振り返れば、娘を育てながら育ててもらったのは私のほうでした。

 

「私たちが大切に育ててきました。これからもずっと大切な娘です」

長女と彼氏に、自分の思いを伝えられました。

 

 

「大切な娘さんを産んでいただいてありがとうございます」長女の彼氏から、そんな思いを伝えられて涙があふれるおーちゃん。グッときますね。子育てに正解はないけれど、子どもを大切に思う心こそ、大事なのかもしれませんね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターおーちゃん

    孫ラブおばさん。10歳年上の夫と2人暮らし。長女(29歳)、次女(27歳)、長男(24歳)の3人の母親で、6歳の孫を溺愛中。Instagramとブログで家族の話を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    15 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →