記事サムネイル画像

「娘は私に依存しすぎ?」心のSOSが体に現れている…環境の変化に敏感な娘の本音 #長女は繊細さん 4

「繊細さん長女が泣きながら学校へ行った日々の話」第4話。ねこじまさんの長女・わっちちゃんが小学校へ入学したときのお話です。新しいランドセルを背負ってドキドキワクワクしながら、順調な学校生活をスタートさせたわっちちゃん。しかし、2週間ほど経ったころから、家を出る直前に腹痛が始まるようになりました。

腹痛が落ち着いてきたころに、ねこじまさんが付き添って一緒に学校まで行ったものの、学校が近づくと再び「ドキドキして、おなか痛くなってきた」と訴えるわっちちゃん。このとき実は、引っ越してきて友だちもおらず、慣れない環境の中で頑張っていたのです。

てっきり、「学校が嫌だから行けない」のではと思っていたねこじまさんですが、本当の理由は「お母さんと離れるのがつらいから」とのことでした。

 

振り返ってみると、わっちちゃんは以前から環境の変化に敏感な子だったそうです。

 

弟が生まれたとき、

幼稚園に入ったとき、

夫と離れて暮らしていたとき。

 

それぞれ症状は違えど、今までにも何かしらの形で、心のSOSが体や行動に現れていました。

 

娘は私に依存しすぎている…?

#長女は繊細さん 3

#長女は繊細さん 3

#長女は繊細さん 3

 

 

 

#長女は繊細さん 3

#長女は繊細さん 3

#長女は繊細さん 3

 

#長女は繊細さん 3

#長女は繊細さん 3

#長女は繊細さん 3

 

 

登校するときには泣いていたわっちちゃんでしたが、笑顔で帰ってきました。

 

寝る前になると、少しずつ、その日のことや本当の気持ちを話してくれます。

 

「泣いたら先生がぎゅーってしてくれたよ」
「学校が嫌じゃなくて、お母さんと離れるのが不安」
「お母さんがいないから、涙が出てお腹が痛い気がしてくる」
「学校でお母さんのことばかり考えている」
「お母さんと離れることを考えると、もうドキドキする」

 

素直な気持ちをたくさん吐き出してくれました。
 

今までも、わっちちゃんからのSOSを感じたときには、「娘の気持ちを受け止めまくり、娘との時間を大切にして、たくさんスキンシップをとって、いつも笑顔でいること」を心がけてきたねこじまさん。
 

今回も、笑顔で「そっか、大丈夫よ」と抱きしめて、やさしく伝えます。

しかし心の中では、「わっちは私に依存しすぎていないだろうか……」と不安になるのでした。

 

 

わっちちゃんにとって、ねこじまさんとの時間は本当に尊いものなのでしょうね。
「不安な気持ちになっても、きっと抱きしめて受け止めてくれる」お母さんの存在は、環境の変化に敏感なわっちちゃんにとっての安全基地。不安や心細さを感じている子どもにとって、周囲で見守る大人たちは、常に気持ちを受け止めてあげられる安全基地でありたいものですね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターねこじま いもみ

    2012年生まれ長女、2014年生まれ長男、2020年生まれ次男。年の差きょうだいのワンオペ育児に慣れすぎた3児の母。育児を通して気づいたこと、学んだこと、何気ない日常を描いたマンガをSNSやブログに投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      お母さんが安全基地になってるんだね
    • 通報
      引越しもあって余計不安なのかな?

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →