記事サムネイル画像

「怖いのがいるの…」怯えて震える娘。決して通りたがらない道には、一体何が…!? #スピリチュアルな娘 5

「スピリチュアルな娘を受け入れるまで」第5話。ゆる子さんは夫、娘、息子の4人家族。ゆる子さんは娘のことを赤ちゃんのころから何もないところで笑いかけたりするので不思議な子だと思っていました。

ある日、娘におなかの中にいたときの記憶があることを知ったゆる子さん。娘が信憑性のある言葉を使っていたことで、その記憶が本当であるように感じていきます。

娘の不思議なお話を聞いて、娘が改めて生まれてきたことに感謝の気持ちでいっぱいになったゆる子さん。しかし一方で、とんでもないイヤイヤ期にも悩まされていました。

 

ゆる子さんは保育士さんの勧めで発達相談へ行きます。その結果、特に娘の発達で心配な点はないとのこと。ゆる子さんがほっと一安心したその帰り道……。

娘だけに見えているもの

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

スピリチュアルな娘

 

ゆる子さんは娘にいつも通る道がなぜイヤなのか聞いてみることに。すると……。

 

「白い服の女のひと……、こっちにおいでおいでしてくる」

 

もちろん、ゆる子さんに白い服の女の人は見えません。それだけではなく……。

 

「おじいさんが窓から見てる!」

 

娘は、家のお風呂場の窓からおじいさんがこちらを見ていると言うのです。恐怖を感じたゆる子さんは夫に相談しますが、夫は娘が見たものはきっと何かの勘違いだろうと言います。

 

それからというもの、娘には何かが見えているのか、病院やスーパー、公園などにも行きたがらなくなってしまいました。

 

ゆる子さんは自分だけではこの不安を抱えきれなくなり、保育士さんに相談しようと考えました。

 

◇ ◇ ◇

 

お風呂の窓から、おじいさんがこちらを見ていると言われたらとても怖いですよね。わが子の言葉は信じたいけれど、見えないものを信じるのはとても難しいでしょうし、次々と娘さんに行けないところが出てきてしまっては、ゆる子さんは心配になってしまいますよね。

 

子育て中は、自分たち家族の力だけではどうしようもできず、悩む場面がたくさん出てくると思います。そんなときは家族だけでなく、保育園の先生などに不安を打ち明けてみるのもよいかもしれませんね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターゆる子

    夫に永遠に片想い中のワーママです。娘2015年・息子2017年生まれの4人家族。ちょっと不思議な日常を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    21 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      本当に見えてるとしたらかわいそう、こわいだろうな

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶