記事サムネイル画像

泣き叫び虫歯治療を抵抗する娘。転院をくり返した結果、3つ目の歯医者さんがまさかの神対応で…!?【体験談】

娘が3歳のころ、地域の健診で虫歯が見つかったときの話です。初めての治療に私が選んだのは、広い遊び場のある子ども向けの歯医者さん。壁にはカラフルなイラストが描かれ、治療が終わればカプセルトイをまわすことができるご褒美まで用意されていました。しかし、いざ診察室に入り治療の練習が始まると……。

床に突っ伏して動かない娘

診察室に入ると、先生が私に「歯医者さんが嫌いにならないように、嫌がったら無理に治療はしません」と治療方針を伝えてくれました。まずは口を大きく開けたり、器具を口の中に入れる練習をすることに。

 

しかし娘は口をぎゅっと閉じて、頑なに開きませんでした。その後も抵抗は続き、最終的には治療用の椅子から逃げ出して、床に突っ伏してしまう始末……。

 

治療が進まず別の歯医者さんへ

その日は1時間抵抗し、治療は断念。別日も同じ調子で、数回通うと歯医者さんまで連れて行けないほど激しく抵抗するようになりました。仕方なく、私は別の歯医者さんを探すことに。


次に私が選んだのは、子どもが泣いても治療を進める方針の歯医者さんでした。そこでは虫歯の進行止めの薬を塗ってもらうことに成功。しかし泣き叫ぶ娘の抵抗は続き、トラウマになることを心配した私は、それ以上治療をお願いすることができませんでした。

 

 

これが3度目の正直?

そんなとき、知人が天井にテレビのついた歯医者さんを紹介してくれました。担当になったのは子ども番組に登場しそうなテンションで話す、元気な先生。先生は子どもに嫌という間も与えずに、テキパキと治療を進めてくれました。


決して無理やりではなく、子どもが先生のペースに巻き込まれていくのが見ていてもとてもスムーズ。その結果、今までの抵抗が嘘のように治療が進んだのでした。

 

 

現在小学校1年生になった娘は今も、その歯医者さんに通っています。しかし、娘にとっても歯医者さんは苦い思い出になったようで、今は虫歯にならないようにと、親子で歯磨きを頑張る毎日です。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!

 

監修/助産師 松田玲子


著者:河原りさ

4歳と6歳の女の子ママ。花屋に勤務。都会のおでかけスポットや植物に関心あり。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →