記事サムネイル画像

「おしり…やばいよ!」同級生にバレてしまった!しかし何もできず…最悪の事態に!?

私が初潮を迎えたのは小学6年生のときです。当時、私のまわりでは「生理中だとバレるのは恥ずかしいこと」という空気が流れていました。そんな中、私は授業中にある失敗をしてしまって……。

「おしり…やばいよ!」同級生にバレてしまった!しかし何もできず…最悪の事態に!?

 

初めての生理はわからないことばかり

小学6年生のときに初潮を迎えた私ですが、生理は未知の体験で、

 

「どのくらいの頻度でナプキンを取り替えればいいの?」
「ちょうどいい大きさのナプキンがわからない」
「トイレに時間がかかりすぎるけれど、これでいいの?」

 

と、わからないことだらけでした。

 

小学4年生から保健体育の授業で生理について習うことは度々あったのですが、学校では生理期間や、ナプキンの着け方を教えてくれた程度で……ナプキンを取り替える頻度など、詳しいところまでは教えてくれませんでした。何もかも自分で経験してみないとわからなかったのです。

 

生理中であるとバレたくない!

私が小学生のときの同級生たちはみな、生理は恥ずかしいものと思っていて、「生理中であるとバレずにトイレに行くこと」に必死でした。人の目を盗んでかばんの中に入れておいたナプキンをこそっと手に取り、休み時間を告げるチャイムと共にトイレまで猛ダッシュ。みんなが同じ行動を取るため、授業終わりの女子トイレはいつも混んでいて、列に並んでナプキンを交換するのに結構な時間がかかった記憶があります。

 

そんなことが続いたある日、ナプキンの吸水量をオーバーして、私は椅子に敷いていた私物の座布団を汚してしまいました。幸いにもズボンは紺色の体育着だったため、汚れはあまり目立たずに済みましたが、今考えるとかなり汚れていたと思います。「やばい。でも、どうすればいいのかわからない」。当時の私はとても焦りました。

 

後ろの席の同級生に指摘され…

座布団だけでなく下着やズボンも経血で汚れてしまったのですが、多くの生徒が通りがかる廊下の水道でズボンや座布団を洗うなんて、とても恥ずかしくてできず……。結局、私はそのまま授業を受け続けました。起立するたびに汚れが見えて恥ずかしいけど、何もできない。そんな状況が続きました。

 

すると、何度目かに起立したときに後ろの席の友だちから「おしりのところ……やばいことになってるよ!」と指摘されてしまったのです。その友だちはすでに初潮を迎えていたので、生理に対する理解もあったと思います。しかし、汚れてしまったズボンや座布団を見られた私は顔から火が出るほど恥ずかしく……声をかけてくれた子に対してろくに返事もできず、半分無視のような形でやり過ごしてしまいました。今でもそのことは後悔しています。

 

 

今では何の恥じらいもなくナプキン交換ができていますが、小学生時代はナプキンを手にトイレに行くのがタブーのようになっていて、私も含めてみんなが生理であることを必死になって隠していました。

 

そんな空気の中で同級生から「おしりのところ汚れてるよ?」と言われたときは、本当に恥ずかしくてたまらなかったです。しかし、生理はまったく恥ずかしいことではありません。もし当時の私に出会えるのならば、「生理は恥ずかしくないよ」と声をかけてあげたいです。

 

著者/遠藤 実果
イラスト/ののぱ
監修/助産師 松田玲子

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎