体調を崩し保育園からの呼び出しが続く。このまま仕事を続けられる?

2017/04/25 18:00
4月に保育園への入園が始まった人で、しょっぱなから熱で呼び出しをされたという人も多いのではないでしょうか。こんなことで仕事との両立ができるか不安に思うママにお伝えします。病気になるのはママのせいではありません。そして、小さければ小さいほど免疫がなく病気にかかります。周りの協力や病児保育などを使って、仕事との両立をしていってくださいね。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
職場復帰

 

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。保育園の慣らし保育も終わり、本格的に園生活がスタートして仕事へ復帰したばかり!なのに子どもが体調を崩し、保育園からの呼び出し&お休み続き、このままで本当に仕事が続けられるのか不安でたまらない……というお話をよく耳にする季節になりました。

 

そこで、今回は保育園児の病気と仕事の両立についてお伝えいたしますね。

 

仕事と育児の両立ができるのか不安

本格的に保育園生活がスタートして仕事へ復帰したばかりなのに、子どもが体調を崩し保育園からの呼び出し&お休み続きで、このままで本当に仕事が続けられるのか不安でたまらないというワーキングママのお気持ちよくわかります。

 

そして、すぐに体調を崩してしまうのは“自分のせいじゃないか”と自分を責めてしまったり、“職場に迷惑をかけてしまう”という罪悪感に押しつぶされそうになり、仕事と育児の両立ができるのか不安になってしまうのですよね。

 

子どもは病気になるもの

いくら気を付けていても子どもは病気になるものです。あなたが特別お子さんの体調が管理できていないということではないので、ご自分を責めたり、罪悪感を抱えなくても大丈夫です!

 

とはいえ、やはりできるだけ子どもに風邪を引かせないように、帰宅後の手洗いやうがい、そして早寝早起きなどの生活習慣に気を付けるといいでしょう。また、手洗いやうがいの際に、顔を蒸しタオルで拭いてあげたり、休日の日は保育園とできるだけ同じリズムでお昼寝をさせてあげるなどもおすすめです。

 


病児保育や病後保育の利用も

あらゆることに気を付けているのに、子どもが体調を崩してしまうこともあります。そして、仕事もどうしても休めない!預ける先もない!というときもあります。

 

そんなときには、“病児保育や病後保育”の利用をおすすめいたします。預かってもらえる人数に制限があり、施設もまだまだ少ないですが、自宅で保育をしてくれるスタッフの派遣を行っている企業や団体もありますので、情報を集め説明会に参加し、検討してみてくださいね。

 

周りの人の協力も最大限してもらって、自分を責めずに両立をしていってくださいね。

 


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。

 


  • 1
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。