記事サムネイル画像

「ぼくがやったのか…?」相次いでなくなる教科書。自分のだらしなさに落胆した少年は!? #ぼくの教科書がありません 5

「ぼくの教科書がありません」第5話。小学4年生のイチくんは、母親と2人暮らしの元気な男の子。小学校には仲の良い友だちや気になる女の子もいて、毎日楽しく通っています。ある日、理科の授業の準備をしようとしたら、机に入れていたはずの理科の教科書が見当らず、家に帰って探しても見つかりませんでした。

教科書をなくしてしまったと絶望するイチくんですが、シングルマザーでパートを掛け持ちするほど忙しく働いてくれているお母さんには、教科書のことを言い出せずにいました。

教科書をなくして思い悩んでいたイチくんですが、仲の良いクラスメートたちとの楽しく関わるうちに、元気を取り戻していきました。

 

そんなある朝、寝坊してしまったイチくん親子。イチくんが急いで家を出ようとすると、お母さんが来週使う予定の習字道具を「忘れないように」と、早めに持たせてくれました。

 

無事、遅刻せずに学校に到着し、いつも通りの1日がスタートすると思っていたのですが……。
 

なんてだらしないんだ…!

#ぼくの教科書がありません 5

 

#ぼくの教科書がありません 5

 

#ぼくの教科書がありません 5

 

#ぼくの教科書がありません 5
 

 

#ぼくの教科書がありません 5

 

#ぼくの教科書がありません 5

 

#ぼくの教科書がありません 5

 

#ぼくの教科書がありません 5
 

 

#ぼくの教科書がありません 5

 

#ぼくの教科書がありません 5

 

#ぼくの教科書がありません 5

 

#ぼくの教科書がありません 5

 

理科の教科書に続いて、今後は算数の教科書が見当たりません!

算数の教科書も理科の教科書同様、机の中に入れたままにしていたはず……。
しかし、自分の記憶に自信がなくなったイチくんは、「ぼくはなんてだらしがないんだ!」と自分を責めてしまいます。

 

先生に報告すると、「次は絶対忘れないようにね」と忠告され、胸が痛みます。
算数は理科よりも授業数が多い教科。理科に加えて算数の教科書を失くしたとなると、さすがに周囲に隠し通すことは難しくなるかもしれませんね。

 

何か困りごとや悩みがあったとき、1人で抱え込んでしまっていては胸が苦しくなるばかり。相談することは勇気がいるものですが、思い切って信頼できる大人や親に相談することも大切です。
 

>>次の話

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター愛すべき宇宙人

    中学生の長女、小学生の長男、アラフォー夫婦の4人家族です!日常のクスッとした笑いやホロリと涙するエピソードをInstagram(@aisubekiutyu_jin)からお届けしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    40 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      そろそろ置き勉やめようか。毎日持って帰れば問題は半減

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎