【現役ママのギモン】授乳しながらの寝かしつけっていいの?

2017/07/27 13:00
夜寝ない息子に授乳しながらの寝かしつけをしていましたが、授乳しながらの寝かしつけは虫歯のリスクや断乳に苦労すると聞き、不安を感じるようになりました。話が好きな息子だったので「明日からおっぱいなしで寝てみようか」など話しかけているうちにおっぱいへの執着がなくなり、2歳前にようやく断乳に成功しました。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
寝かしつけ
生活習慣
体験談

 

 

わが家の息子は、生まれた直後からママにべったり。睡眠が短く、寝るときは常に一緒です。そのうち授乳しながらの寝かしつけに頼るようになり、「すぐ寝てくれて楽だな」という気持ちと、「いつになったらやめるかな」という気持ちの板挟み。この経験から、私が感じたことや心がけたことをご紹介します。

 

授乳しながらの寝かしつけを始めたワケ

息子が生まれてから2カ月が経ったころ、突然息子の生活が昼夜逆転してしまい、朝の7時に寝付き、夕方から活発に起きるようになってしまいました。まわりには「夜生まれた子どもは昼夜逆転しやすいと聞くから、そんなに気にすることない」とも言われましたが、私は元に戻すために息子の寝かしつけに奮闘。


昼間は外気浴をし、昼夜の区別がつくように心がけました。夜は寝るまで抱っこする毎日でしたが、そこで知ったのが授乳しながらの寝かしつけです。

 

息子の成長とともに寝かしつけに不安が……

みなさんは授乳しながら寝かしつけをしていますか?おっぱいを飲みながらの寝かしつけだと、わが家の息子も本当に寝つきがよく、夜泣きをしてもおっぱいがあれば困ることはほぼありませんでした。しかし、息子はじょじょに寝ながらでもおっぱいを探すようになり、おっぱいなしでは眠れないように。


そんなとき、授乳しながらの寝かしつけは、虫歯のリスクや断乳に苦労すると聞き、だんだんと不安を感じるようになりました。そこで、1歳を過ぎたころから断乳を始めましたが、授乳しながら寝かしつけをやめるタイミングを見失ってしまいました。

 

 


授乳しながらの寝かしつけのやめ方

離乳食が進んだ1歳過ぎには、寝かしつけのおっぱいだけがやめられない状況に。断乳は、ママの意志によってはズルズルと延びてしまいがちと言われています。

 

息子は言葉の理解が早かったので、私は説得することを心がけました。「明日からおっぱいなしで寝てみようか」「寝ながらおっぱい飲むと歯磨きしても虫歯ができちゃうかも」などと話しかけているうちに、息子はだんだんとおっぱいへの執着心がなくなり、2歳前にようやく断乳に成功しました。

 

 

おっぱいをくわえながら安心した顔で眠る息子がとても愛らしい反面、「いつまで続くのか」という気持ちで不安でした。それでも子どもは、ママやパパが思う以上に成長しているんですね。授乳しながらの寝かしつけ、「自分はどうしたいのか」をよく考え、子どもとママのタイミングを大切にしましょう。(TEXT:ママライター手塚みく)

 


  • 0
  • 0
  • 3
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。