記事サムネイル画像

【まだ普通のオムライス作ってる?】タサン志麻さん斬新!「卵が破けない」クセになる食べ方

こんにちは、食べることが大好きなライターのRitaです。

カフェで食べる黄金色の卵に包まれたケチャップライス、カフェご飯の定番オムライス、美味しいですよね。でもカフェのように卵を綺麗に仕上げるのは、ハードルが高いと思っていませんか?

日本テレビ系『沸騰ワード10』で紹介された伝説の家政婦・タサン志麻さんのレシピは、卵の仕上がりは心配いりません。斬新な方法でケチャップライスを卵で包みます。早速ご紹介します。

 

新しい食感!オムライスなのかキッシュなのか?

タサン志麻さん「オムキッシュ」

 

2021年8月13日放送の日本テレビ系『沸騰ワード10』で、伝説の家政婦・タサン志麻さんが作ったのは「オムキッシュ」。

 

オムライスと材料は同じなのに、まるでキッシュのような仕上がり。ケチャップライスに溶き卵をかけてからオーブンで焼き上げるオムキッシュは、まったく新しい食感で楽しむ、オムライスとキッシュの融合カフェご飯です。

 

タサン志麻さん「オムキッシュ」の作り方

タサン志麻さん「オムキッシュ」

 

材料(2人分)

・ベーコン…4枚(60g)
・ピーマン…1個
・たまねぎ…1/4個
・とろけるチーズ…70〜100g
・サラダ油…適量

 

【卵液】
・溶き卵…3個分
・牛乳…150ml

 

【ケチャップライス】
・温かいご飯…茶碗2杯分
・ケチャップ…大さじ3
・塩・こしょう…各適量

 

作り方①卵液とケチャップライスを作る

タサン志麻さん「オムキッシュ」

 

初めに、卵液を作ります。ボウルに卵液の材料を入れ、良く混ぜ合わせます。

 

別のボウルにケチャップライスの材料を入れて混ぜ合わせましょう。ややしっかりめに塩とこしょうで味付けすると味が決まるのでオススメです。

 

作り方②材料を切り、炒める

タサン志麻さん「オムキッシュ」

 

ベーコンとピーマンは細切り、たまねぎは薄切りにします。

 

サラダ油を薄く引いたフライパンを熱し、たまねぎ、塩ひとつまみを入れしんなりするまで弱火でじっくり炒めます。続けて、ベーコン、ピーマンを順に加えてさっと炒めましょう。

 

作り方③ ②をケチャップライス、卵液と一緒にグラタン皿へ入れる

タサン志麻さん「オムキッシュ」

 

グラタン皿にケチャップライスを敷き詰め、②の炒めた野菜とベーコンを上にのせます。

 

卵液を全体に回しかけるように、流し入れましょう。グラタン皿の大きさにもよりますが、卵液だけの部分があると、焼き上がりに卵の食感がより楽しめる仕上がりになりますよ。

 

作り方④200℃に予熱したオーブンで30分焼く

タサン志麻さん「オムキッシュ」

 

オーブンの機種によっては予熱に時間がかかるため、この時点よりも早めに予熱をしておくのがおすすめです。

 

オーブンの200℃の予熱が完了したら、③にケチャップ適量(分量外)をかけ、とろけるチーズを上から被せるようにのせて、200℃のオーブンで30分焼きましょう。

 

焼き上がったら完成です。

 

ふわふわの卵が心地いい

タサン志麻さん「オムキッシュ」

 

卵とケチャップライスの相性抜群コンビを、とろ〜りチーズが包みます。最高の組み合わせですね。

 

しっとりしたケチャップライスにふわふわの卵、味はオムライスなのに口に入れた時の食感がオムライスのそれとは違う。

 

キッシュの生地のようなふんわり卵にケチャップライスが包まれているんです。これは新しい!クセになります。

 

空気を含んだ優しい卵を追い求めながら食べているとパクパクと口と手が止まらない。卵好きさんに是非オススメしたいレシピです。

 

タサン志麻さん「オムキッシュ」

 

薄切りにした玉ねぎがキッシュっぽさを、ピーマンがオムライス感をそれぞれうまく引き出していて、食感と味のアクセントになっているので、食べ出したら止まりません。

 

ケチャップと卵の甘さに、相性抜群のチーズの塩味。子どもと一緒に食べられる優しい味です。

 

大人は、タバスコ少量(分量外)をかけてピリッとした刺激とともに食べても良いですね。

 

 

タサン志麻さん「オムキッシュ」

 

今回は、大きめのグラタン皿で作り、取り分けて食べましたが、小さいお皿で1人用に作ってもおしゃれですね!また、アルミホイル型などで少量作ったら、お弁当に入れることもできそうです。

 

ケチャップライスに直接卵液をかけて焼くから、オムライスの時のように卵が破ける心配もいらないし、キッシュのように型のパイ生地を用意する必要もありません。

 

オムライス、キッシュそれぞれのハードルをぐーーんと下げてできるオムキッシュです。

 

我が家のオムライスはこれに決まり!

材料の準備が比較的簡単で、あとはオーブンにお任せ。ラクラクできるのに、ちょっと豪華な見た目、そして新食感!

 

タサン志麻さんの「オムキッシュ」はこれから我が家のオムライスとして定番化することにしました。

 

みなさんも是非作ってみてくださいね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    ライターRita

    お得に楽しめる美味しい食材を見つけに、オーケーに通い続けること15年。大好きなワインに合うメニューを考えてお料理している時間に最高の幸せを感じるライター。日本や世界の各地で美味しいものを食べて鍛え抜いたこの味覚で、あなたにピッタリの美味しいものをご紹介します。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    食・レシピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →