記事サムネイル画像

「子どもを置いて逃げたい!」ギリギリの精神状態、そして… #息子を可愛いと思えない 7

0

「息子を可愛いと思えない!?」第7話。今から6年前、咲花(しょうか)さんは第一子・はる君を出産。初めての育児に奮闘しますが、思うようにいかないことの連続で咲花さんの情緒は不安定になり……。

この記事の監修者
監修者プロファイル

助産師松田玲子

医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
34 クリップ

不安が尽きず、現実から逃げ出したいと思った咲花さん。

 

ますます自分が嫌になっていき…

息子を可愛いと思えない!?7-1

※新生児→新生児期

息子を可愛いと思えない!?7-2

 

息子を可愛いと思えない!?7-3

 

息子を可愛いと思えない!?7-4

 

息子を可愛いと思えない!?7-5

 

 

 

息子を可愛いと思えない!?7-6

 

息子を可愛いと思えない!?7-7

 

息子を可愛いと思えない!?7-8

 

息子を可愛いと思えない!?7-9

 

息子を可愛いと思えない!?7-10

 

 

 

息子を可愛いと思えない!?7-11

 

息子を可愛いと思えない!?7-12

 

息子を可愛いと思えない!?7-13

 

息子を可愛いと思えない!?7-14

 

息子を可愛いと思えない!?7-15

 

咲花さんの母親が仕事復帰し、日中ははる君と2人きりに。そういうときに限って何をしても泣き止まないはる君。

“ここから逃げ出したい”と思った咲花さんは、予定より早く関東に戻ることにしました。ですが、その選択が咲花さんの不安を大きくし、ますます自分のことが嫌になります。

 

その後、関東に戻った咲花さん。夫と義母と3人での子育てがスタートしました。

咲花さんの気持ちに少し余裕が出てきたころ、義母がお出かけに誘ってくれました。

久しぶりに外出した咲花さんは、おでかけを満喫。“楽しむ自分”への罪悪感が薄れていくのでした。

 

 

2人きりになった途端、わが子が泣き止まなくなると不安になりますよね。話せる相手がおらず、心細くなる気持ちもわかります。

育児への不安を抱えていた咲花さんですが、関東に戻ってからは義母がサポートしてくれたり、おでかけをしたりと心に少し余裕ができたのではないでしょうか。この調子で育児を楽しめるといいですね。

>>次の話

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター咲花

    関東在住の会社員。2018年8月生まれの息子のママです。元気いっぱいのはるくんの育児エピソードをインスタでゆる〜く更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →