ママネタ 育児の悩み 体験談 育児あるある 完全ミルク 嫁姑問題 混合 完全母乳 授乳

【専門家監修】母乳育児で義母たちがストレスに!そんなときのかかわり方

11

授乳に悩むお母さんのイメージ

 

母乳育児をしていきたいと考えているママ、努力しているママのなかには、周りの人たちからストレスを受けてしまうことがあるようです。今回は、母乳育児中、ママがストレスに感じることもある人たちとのかかわり方についてお話ししたいと思います。

 

続きを読む

助産師

出産後のママにアドバイスする助産師さんのイメージ

 

出産後、母乳育児推進に取り組んでいる産院では、出産後早期から、母児同室や授乳がはじまります。

 

助産師は、母乳の分泌を促がすために、赤ちゃんにおっぱいを吸わせることから始めます。出産の疲れも十分に癒えないまま、12時間おきの授乳。睡眠不足になるのはもちろんのこと、うまく授乳できなかったりして、ママも疲れてしまいます。

 

ここでママの思いと助産師の思いがすれ違ってしまうと、助産師の熱心な指導もママにとってはストレスになってしまうことも。どうしてもつらいときには、赤ちゃんをいったん預かってもらうこともできますし、授乳方針を再度相談することもできます。助産師に相談しながら、母乳育児をすすめていきましょう。

 

となりで授乳しているママ

入院中、授乳室にママが集まって授乳するという産院も多いかと思います。隣のママを見てみると、とってもスムーズでおっぱいもよく飲んでいる……。どうして自分はうまくできないんだろう、授乳室に行きたくないと思ってしまうママも。

 

個室では、周りの人たちに気兼ねなく授乳できるというメリットもあります。ですが、初産婦さんこそ、授乳室で授乳をしてほしいと思います。ほかのママと交流することで、いろいろな情報を得たり、先輩ママの経験を聞くことができる絶好のチャンス。今、とってもスムーズに赤ちゃんのお世話をしているママも、うまくできないと思っているママと同じような道を歩んできているのではないかと思いますよ。

 

夫・母・義母などの周りの人たち

夫とその家族のイメージ

 

母乳育児に取り組んでいるママの母親世代は、ミルク全盛期に子育てをした世代かもしれません。ミルクに比べて、母乳は消化が早く、赤ちゃんはその分泣くことも多くなりますし、授乳の回数も増えます。

 

それを見たママの母親たちは、母乳が足りていないと思い、「ミルクを足したほうがいいんじゃない」と言います。そのひと言が、ママにとっては余計なひと言になってしまうんですよね。

 

母乳育児に対するジェネレーションギャップや理解不足によって起こり得ることですので、出産前にきちんと話し合って、同じ思いで母乳育児に取り組めたらいいですよね。


医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 


※参考:ベビーカレンダー「周りからストレスを感じた【授乳中のトラブル】」〈 https://baby-calendar.jp/knowledge/baby/943

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。