抱き上げるたびに激痛が…!新米ママの私を襲った手の痛み【体験談】

2018/12/19 12:00
2
初めての育児で慣れない動作を繰り返し、手を痛めてしまったママの体験談を紹介しています。助産師さんのアドバイスにより、赤ちゃんを抱き上げるときのコツを掴んでからは痛みが軽減していきました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児の悩み
体験談
産後の悩み
授乳

痛む手

 

無事出産を終え、始まったのは昼夜問わない数時間おきの授乳。私は助産師さんに習ったとおりに、重たいわが子を一生懸命支えておっぱいを吸わせていました。しかし、慣れない動作を繰り返すうちに、気がつくと「あれ? 手が痛い……」。産後の傷の痛みではない、予想外の痛みと戦うことになりました。

 

兆候は産後入院中から

3,850gの大きな赤ちゃんを、なんとか無事出産した私。いよいよママとなったものの、お産も初めてなら授乳も初めてで、右も左も分かりませんでした。助産師さんから、どんな風に赤ちゃんの頭と体を支えるのかを教わった私は、ぎこちないながらもそれをまねて授乳を開始。

 

「うちの子は重たいし、手首に負担がかかるなあ」と思いながら、おっぱいをあげていました。

 

手首と親指の付け根が痛い!

退院後、母や夫の手を借りながら新生児のお世話に励んでいた私ですが、授乳、抱っこ、おむつ替え……と、どうしても手を使う機会は多いもの。 だんだんと違和感が大きくなり、退院後2週間のころには手首と親指の付け根が強く痛むように。特に赤ちゃんを抱き上げるときが激痛で、「いたたたた! 」と声が出るほどでした。

 

とりあえず湿布や市販のサポーターを試してみましたが、痛みは多少マシになる程度でした。


助産師さんからのありがたいアドバイス

これは病院に行かないといけないかもしれない……と思っていたころ、市の助産師訪問の日がやってきました。そこで手の痛みについて相談すると、「赤ちゃんを抱き上げるときに、上半身を前に倒して、腕全体でホールドしてから腰を使って体を起こしてみて」とアドバイスが。

 

試してみると、たしかに手が痛みにくい! 一番の負担だった抱き上げが楽になると、他の動作での痛みも少しずつ軽減されていきました。

 

 

慣れない育児で手を痛めてしまった私を救ったのは、助産師さんの助言でした。生後5カ月の今では、赤ちゃんの首がすわって抱き上げや授乳も楽になり、手は痛くありません。あのとき手の使い方を改善できて、悪化させずにすんで本当に良かったと思います。


著者:粟津愛美

一男の母。結婚を機に退職後、半年で妊娠・出産。滋賀県の田舎で初めての子育てを楽しみつつ、自身の体験談を中心に記事を執筆中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ママネタに関するキーワード