妊娠中のつらい「つわり」時期の食事どうしよう?管理栄養士が答えます!

2018/11/05 21:30
3
この記事では、妊娠中のつらい「つわり」時期の食事について管理栄養士が解説しています。つわり中は食べたいときに食べたいものを食べ、水分だけはしっかり補給することが大切とのことです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
つわり
妊娠の悩み

つわりの女性

 

妊娠初期から始まるつわりは、人によって症状はさまざまです。胃のもたれやむかつきのほかにも、においに敏感になる、嘔吐や吐き気がある、さらには眠気に悩まされることがあります。今回は、つわりがおさまるまでの期間に、どのような食事をしたらいいのかをご紹介します。

 

つわり中は食べたいときに食べたいものを!

つわりは妊娠初期、ホルモンの影響で嘔吐や吐き気が始まる症状のことをいいます。個人差はありますが、食べ物の好みが急に変わったり、胃がむかついたり、嘔吐のために思うように食べることができない時期が続きます。

 

食べられないときは、無理をして食べようとしないことが大切です。栄養バランスを気にしすぎず、食べられるときに食べられるものを少量に分けて摂りながら、この時期を乗り切りましょう。

 

水分だけはしっかり補給すること!

食欲がなく嘔吐があるときでも、脱水を避けるために水分はしっかり摂ることが大切です。水やお茶のほかにも、野菜ジュースやスポーツドリンク、水分の多い果物もおすすめです。手作りスムージーで、栄養と水分を補給してもいいですね。

 

また、体調がいいときには、野菜スープや味噌汁のような水分の多い汁物をいつもより多めに作っておくと便利です。もちろん塩分は控えめにしましょう。


風味や香りで食欲増進を!

酢、レモン、梅、トマトのような酸味や、カレーのようなスパイシーな香り、しょうがや青じそのような薬味やハーブは、食欲を増進させる効果があります。

 

また、冷たいものや口当たりのいい料理も、つわりの時期にはおすすめです。たとえば豆腐にあんをかけることで、口当たりやのどごしがよくなります。食べやすくなるように、調理方法もちょっと工夫をしてみましょう。

 

 

つわりの症状は、人によってさまざまです。なるべく無理のないように過ごすことが大切です。ただし、激しい嘔吐がずっと続く場合は早めに医師に相談しましょう。


著者:管理栄養士 富田チヤコ

管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。